ロイヤル パラディン。 ロイヤルパラディン ◆ヴァンガード

【ヴァンガードZERO】マジェスティのデッキ|ロイヤルパラディン【ヴァンガードゼロ】

ロイヤル パラディン

捨てたら、1枚引く。 採用すると展開力が上がる代わりにが下がりやすくなるので、採用枚数は良く考えておきたい。 での使用者はいない。 中でも 《》はド3同士のリに対応している。 同時に「」に属する 《の探索者 ・エクシヴ》も存在。 概要 イ・の正規軍。

次の

【ヴァンガード】マジェスティ・ロードブラスターデッキの考察(ロイヤルパラディン) / 福岡天神店の店舗ブログ

ロイヤル パラディン

7000。 によりサポートカードの他、やのような優秀な要員からの枚数に関係なくを有効にできるを確保できる。 ライドしたら、そのライドフェイズ中、ノーマルライドできない。 その山札をシャッフルする。 7000。 アルトマイル 5期に登場した名称「」が基本だが、同時期以降に登場したとその関連を持つ達をめて呼称することが多い。

次の

ロイヤルパラディン

ロイヤル パラディン

合計でプラス10000でございます」 「くっ・・・」 ギャラティン アルフレッド ミスリル アラバスター マロン うぃんがる 「うぃんがるの支援の下、ミスリルの召喚術士でアイチ様のアルフレッドに攻撃!」 「うぃんがるでガードします!」 「アルフレッドでアイチ様のアルフレッドに攻撃!」 「ノーガードです」 「ツインドライブ。 やとの相性はこちらが上。 それに《ブラスター・ダーク》型ですと、対戦相手に「いやーソウル2の《マジェスティ・ロードブラスター》はやっぱり強いなー」「え? そのデッキ、《エクス〜》デッキ? またまた〜」みたいな反応をされることが予想されますので。 した時に+5000を得る。 15000+。 にした時にが5枚以上いてのが4枚以下なら 2 での1枚に1を与える。 11000。

次の

【デッキ】ロイヤルパラディン : プレミアムスタンダード 2

ロイヤル パラディン

3ターン目以降の立ち回り マジェスティ・ロードブラスターにライド エースにライドしたら、&を展開して、のスキル発動の準備をしていこう。 「ツインドライブ!1枚目『ふろうがる(醒)』スタンドトリガー発動!ガンスロッドにパワープラス5000!そして、攻撃を終えたギガンテック・チャージャーをスタンドします。 MaxHP150kオーバーで種実連打すればそうそうのことでは死なない。 そこで、まずは初手。 《》のための特例として、ロイヤルパラディンはのを10枚まで入れることができたのだが、それをして生まれた「」が大暴れ。 ムービーブースター《ネオンメサイア》に収録された双闘ユニット。 引いたカードを見て、何かをひらめいた。

次の

【ヴァンガード】マジェスティ・ロードブラスターデッキの考察(ロイヤルパラディン) / 福岡天神店の店舗ブログ

ロイヤル パラディン

他のとべ、ド1を展開する手段に長けており、自分のド1のの数に応じた強化効果が特徴。 では「」を始めとして多数のが使用。 大まかなタイプ別構築について• (ここで負けたって、決勝への道のりがなくなるわけじゃない。 山札からの確定と、の数に応じた自身のプが特徴。 これでアイチのダメージは6枚となった。 ヒット時にデッキの要となる「ブラスター・ブレード」「ブラスター・ダーク」「マジェスティー・ロードブラスター」の3種をサーチできるので相手にガード強要をできる点が良いですね!! 「 スターコール・トランペッター」 このユニットは登場時にコストをドロップゾーンから「ブラスター」を含むカードと「光と影、交わる刻」を1枚ずつ手札に戻すことができます。 調整要員として重要が高く、と比べて面で勝り、1以下のに対応しない点で劣る。

次の

【ロイヤルパラディン】

ロイヤル パラディン

概要 対応版は 【ロイヤルパラディン】(新シリーズ)を参照。 まず、必須なのが《ブラスターブレード》。 対応するを揃えれば、お互いに強力なを利用できる反面、構築幅に制限を与える欠点もある。 ・両ユニットがいれば「マジェスティ・ロードブラスター」をデッキから1枚加える。 「勝負は時の運・・・何度も幸運を運んでは、くれないのですよ」 アイチ側のホーリーセイバーは静かに倒れ行きながら、幻影のブラスター・ブレードを見つめ、そっと手を伸ばそうとする。

次の

【ヴァンガードZERO】ロイヤルパラディンのデッキとカード一覧【ヴァンガードゼロ】

ロイヤル パラディン

ライドしたら、そのライドフェイズ中、ノーマルライドできない。 相手のリアガードをすべて退却させる。 自身ので、1枚までに+3000を与える。 相手のグレード2以上のリアガードを1枚退却させる。 山札からグレード2以下を1枚コールする。 そして、ミスリルの召喚術士でインターセプト」 ホーリーセイバーはアルフレッド(服部)に向かって光を収束させたエネルギーをシャワーのように降り注いだ。 「ファイターズコレクション2015」に収録された「サンクチュアリガード」専用の超越で、SGD軸が全国突破した元凶にして非常に強力なカード。

次の