一色 いろは かわいい。 やはり一色いろはが俺の許嫁なのはまちがっている。

#やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 #一色いろは 俺の彼女はあざとかわいい後輩。

一色 いろは かわいい

だがそれがいい! アニメ5話 シーンその5「何ですか?口説いてるんですかごめんなさい無理です好きな人がいるので」 出典: Ktkr!! 」 八幡「してねーよ」 いろは「...... この人の書いたSSは全部オススメです。 それだけにちょっと惜しい人物です。 それで、それが心当たり?」 「小町ちゃん、確かにヒッキーには全然似てないもんねぇ。 いろは「まぁまぁ、こんな可愛くていい後輩と2人きりになれるチャンスですよ?」 八幡「お前をいい後輩としたら、悪い後輩いなくなるんだよなぁ」 いろは「かわいいのは否定しないんですね?」 してやったり、といった顔で一色がニヤニヤしている。 なんかそれむかつきますね。 まぁアピールするなら直球のほうがいいだろう...。

次の

#やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 #比企谷八幡 一色いろははめんどくさかわいい略してめんこい

一色 いろは かわいい

萌える。 尚基本的に学年が上のを「」と呼称するのだが、何故かだけ「」と呼んでいる。 特に変わったことはしてねえしな、俺も、一色も」 「ふーん……あっ」 「なんだ?」 「分かっちゃったかも……」 ぴん、と人差し指を立てて、由比ヶ浜が目を見開いた。 ボディブローで腹が吹っ飛ぶレベルです。 ・・・・・・あれ? 多くね? なんかすんごい増えてる。

次の

#やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 #一色いろは 俺の彼女はあざとかわいい後輩。

一色 いろは かわいい

由比ヶ浜さんまでなんかすごく……すごく、なんか……いや、詮索するのはよそう。 自分って食えるっての」 いろは「あ、そうですか…」シュン 八幡「……いただきます」 八幡「ハフッ…ハフッ…ん…」 八幡 少し味薄いな…。 俺なんかに可愛いといわれて怒ってるのか、はたまた照れているのか...。 お願いします!・・・さて、この作品ははちいろ短編になります。 先輩として信用されているのか、男として見られていないか...。 なら、謝罪も込めて、本音を言いますか...。 必ずなにか理由がある。

次の

やはり一色いろはが俺の許嫁なのはまちがっている。

一色 いろは かわいい

実を言うとめちゃくちゃ知りたいんだけど...。 罵りたまえ、ゆかな声で! そろそろ色んな声優さんに罵倒されるCDがディスク4枚組くらいで発売されてもいいと思います。 ちょっと拗ねちゃって素がでちゃってる感じがこれまた可愛い。 最初は本気で無理です!と言っているのに最後の方は、まだちょっと無理ですとだんだん攻略されているのがもうたまらないわけです。 集団への適合力というか、人の感情の機微を読み取るのが上手いから、俺や雪ノ下が理解できないことを感覚で読み取れるのだ。 いろはすが可愛いすぎて生きてるのがつらいです。 はぁ、ふう。

次の

やはり一色いろはが俺の許嫁なのはまちがっている。

一色 いろは かわいい

ちなみに戸部はの事を「」と呼んでいる。 なにがいいんだよ、俺の心の安寧はどうやったら取り返せるんだよ」 「ははは……で、でもヒッキー、心当たりとかはないの? つい最近、いろはちゃんになにかした、とか」 「そうね、恥ずかしいポエムを作って彼女に送ったとか」 「ねえよってかポエムなんて作ったこともねえよ! ……しかしそうだな、心当たりか……」 心当たり。 ... 「いやだって、ほら。 また一口をすすって、天井を見上げた。 八幡も言っているようにこれはパンさんかわいいって言ってる私かわいいアピールです。

次の

#やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 #比企谷八幡 一色いろははめんどくさかわいい略してめんこい

一色 いろは かわいい

ですが結婚ルートまで完備されています。 特に長女がいいな。 シーン28「何ですか傷心に付け込んで口説いてるんですかごめんなさいまだ無理です」 出典: 振り早口セリフ第五弾。 さくっと可愛い短編SSです。 原作やアニメより身近にいろはを見られるので、破壊力がインファイトの一歩並です。 あーんして下さい。 さっきよりも強く、柔らかいものが俺に押し付けられて俺は理性がまた、飛びそうになる。

次の

#やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 #一色いろは 俺の彼女はあざとかわいい後輩。

一色 いろは かわいい

ほんとに。 確かに由比ヶ浜の言う通り、こんなのは俺らしくない。 80 いろは「うんしょ…うんしょ…」 いろは「えっと、この部屋かな…」 八幡「………うぅ」 いろは「せんぱい、大丈夫ですか?」 八幡「死ぬ………」 いろは ぐったりしてる…。 ハチミツを入れるとおいしいわよ」 「わーい、ありがと! ハチミツってちょっとオトナな感じだよねー」 「ふふ、そうかしら。 118• トロそうとか鈍そうとかー」 出典: 生徒会選挙の件で依頼に訪れ、八幡と初めて対面した時のセリフ。 俺のことはいいから風呂でも入って来い…」 いろは「え?まさかせんぱい私がシャワー浴びてる音で変なことするつもりですか?」 八幡「…しねえよ」 八幡「…家のもんは自由にしていい。 目が腐ってるから1位から3位全滅とか悲しすぎるだろ。

次の