新潟 県 津波。 新潟県が12市町村に対する津波災害警戒区域を指定

新潟県の地震(津波)災害

新潟 県 津波

:1921年(大正10年), M7. 柏崎市橋場にあるごみ処理施設「クリーンセンターかしわざき」では、高さ60 m弱の鉄筋コンクリート製の煙突が折損する被害を受け 、焼却炉が稼動不能となった。 この大雨のため、新潟市では1万棟を超える家屋が浸水するなど大きな被害となりました。 5mmという猛烈な雨となりました。 :1893年(明治26年), M7. :2007年(平成19年), M6. 地震の約15分後位から津波が日本海沿岸各地を襲い、新潟市でも信濃川沿いなどの低地帯で浸水したほか、島根県隠岐島でも水田が冠水しました。 地震発生時の潮位は、平均的な大潮時の満潮位としました。

次の

新潟県の大雨災害

新潟 県 津波

なお、新潟駅および新潟市役所は液状化の可能性を予見し、当時の耐震基準を上回る耐震性を持って設計と建築されたため大きな被害は生じなかった。 」、『』 早稲田大学理工学部 教授 濱田政則()、一般財団法人 消防防災科学センター 「季刊 消防科学と情報」。 地震予知連絡会会報 第73巻• 富山県• 新潟県は、日本海沖合の断層を震源に最大でマグニチュード(M)7・8の地震が起きた場合、県沿岸部を襲う津波の想定をまとめた。 新潟県 [ ] 16日• 16時33分 - 首相、のに到着• 全体が特別体制(八波全中)に切り替えられ、生放送は中断され、当日全体を収録したもので後日改めて放送された。 :1891年(明治24年), M8. 5mmの雨量を観測しましたが、細かくみると29日9時~16時の7時間に250mm、30日0時~7時の7時間に192mmと7~8時間で200~250mm規模の大雨が2回もありました。 :2005年(平成17年), M7. 福島県沖地震で10分以内に避難した割合は石巻市5.2%、宮城県亘理町2.7%。

次の

新潟県が津波の新想定、離島で県内最大の15メートル予想(1/2ページ)

新潟 県 津波

:1969年(昭和44年), M6. その他 [ ] また、東京から新潟へ護送中の囚人が地震で行方不明、新潟県で確保したものの新潟からの警察無線を東京で受けられなかったが、がこれを傍受し出発地のへ連絡し通信確保に協力した事もあった(『スーパー書斎の遊戯術』第31回より。 詳細は、「津波浸水想定について(解説)」をご覧ください。 復旧・復興 [ ] ガス [ ] 柏崎の都市ガスは公営で柏崎ガス水道局が供給を行っていたが、地震により3万4000戸へのガス供給が停止した。 (土木部都市局下水道課)• 報道 [ ] 新潟地震の発生時期は、1960年(昭和35年)のテレビのカラー放送開始 から4年後であり、ちょうど、が普及しはじめた時期でもあった。 気象庁および地震調査研究推進本部• :上中越沖(新潟市の南西約60km)• 作成にあたって 1.想定される地震の採用 「新潟県地震被害想定調査報告書(新潟県、平成9年度)」、「日本海東縁部の地震活動の長期評価について(地震調査研究推進本部、平成15年度)」などの既存資料から、過去に新潟県に被害をもたらした地震や、活断層の分布状況などにより被害が甚大と考えられる5つの想定地震を候補とし、その中から、新潟県沿岸での津波高及び発生確率を考慮し、新潟県南西沖の地震、粟島付近の地震及び佐渡北方沖の地震の3地震を想定地震として採用しました。 国では、津波を発生させる津波の断層モデルを設定することとなり、これを踏まえて、都道府県では津波防災地域づくりを実施するための基礎となる、法に基づく津波浸水想定を設定することとなりました 平成25年1月に国土交通省・内閣府・文部科学省において、日本海側最大クラスの津波断層モデルを検討するため、学識者による「日本海における大規模地震に関する調査検討会」が設置され、平成26年8月に、新たな知見による津波断層モデル 60断層 が公表されました。

次の

新潟で震度6強、津波10cm観測 けが人複数を確認:朝日新聞デジタル

新潟 県 津波

実際の大雨では次々と積乱雲が通過するため、激しい雨が何回か繰り返されることになります。 日本海海岸では5 - 20cm沈下した。 (2004年10月発生)• :1923年(大正12年), M7. 同市中央区で15日、県内12市町の防災担当者を集めて開いた会議で公表した。 JR東日本によると東北、山形、秋田、北陸、上越の各新幹線は全線、または一部で運転を見合わせた。 次いで「東日本大震災など最近の津波災害が思い浮かんだ」(32.6%)、「1964年の新潟地震の津波を思い出した」(25.3%)だった。

次の

津波ハザードマップ

新潟 県 津波

:1941年(昭和16年), M6. が設置している地震計では、で計測震度6. 県との協議の末、28日時点での指定については合意ができなかったとのことだ。 :1933年(昭和8年), M6. また、走行中の上越新幹線が脱線するなど、交通網をはじめライフラインにも多くの被害が生じました。 県ではこれより以前に、津波対策を進めるため、学識者や関係行政機関による「新潟県津波対策検討委員会」を立ち上げ、平成25年12月には県独自の最大クラスの津波浸水想定を公表していたところですが、国が公表した新たな知見に基づく津波断層モデルを踏まえ、新たな津波浸水想定を作成しました。 平岩(糸魚川市)のデータは水害のため欠測ですが、姫川上流域の長野県側にある小谷では11日12時からの12時間で200mmを超え、24時間で300mmを超えています。 津波浸水想定図及び津波到達・浸水時間図 新潟県全域を24に図郭割り(図2)し、縮尺1:50,000の図として作成すると共に、詳細領域(図3:直江津、柏崎、新潟、岩船、両津、真野湾)は1:25,000の図(新潟は1:50,000)として作成しました。 は信越本線の柿崎駅から柏崎駅の間(この他との間に経由の直通便あり)で運行された(列車によっては降車専用の接続バスが運行される場合があった。

次の

新潟で震度6強、津波10cm観測 けが人複数を確認:朝日新聞デジタル

新潟 県 津波

後述のとおり、はのため長岡市内と上越市内で通行止めとなったことから、一部区間において、最大で同年まで通行料金の無料措置が採られた。 派遣(展開・活動)規模は7月16日時点での人員約490名、車両約190両、艦船9隻、航空機23機、給水量約42トン、給食量約3600食から始まり、人員のピークは7月21日の3990名、投入車両のピークは7月25日の1470両、給水量のピークは7月23日の約2000トン、給食量のピークは7月19日の72500食をそれぞれ記録している。 19時12分 - 柏崎の佐藤池運動広場に到着• 火災と液状化 [ ] 大きく傾いた県営川岸町アパート 1955年に発生したから復興を遂げてきたばかりだった内は大きな被害を受けた。 東京電力柏崎刈羽原発(同市、刈羽村)付近は最大4・4メートルとなるが、敷地は高い位置にあり浸水しないとしている。 :1970年(昭和45年), M7. 一般道路 [ ]• :1935年(昭和10年), M6. 中越地震の教訓から充填済みの土嚢を備蓄していたことが功を奏したとされている。

次の