川崎 ヘイト 条例。 【深層リポート】ヘイト条例実効性は 川崎市が罰則付き条例可決へ(1/2ページ)

川崎市のヘイトスピーチ条例の問題点

川崎 ヘイト 条例

この動きを、全国に波及させるために、全会一致の賛成が必要でしだが、その通りになりました。 ただし、漠然と「チョン公は半島に帰れ!」などと野外で叫ぶ行為は、この条例によらなくても避けるべき罵詈雑言であり、また 「韓国人は韓国に帰れ」という表現も、本条例における禁止事項に当たるため、処罰の対象になる可能性があります。 裁判所も警察署も長年不法残留してきた朝鮮人などの特定勢力と結託してまともな日本人に物言わせぬ風土が出来上がってる。 「日本人へのヘイト」なる概念は、完璧かつ最終的に粉砕されています。 審査基準の公平性を保つ運用が欠かせない。

次の

「日本人差別」をめぐる攻防も。川崎でヘイト禁止条例が成立、その中身は?

川崎 ヘイト 条例

法施行後もヘイト行為が横行する状況に対し、川崎市は抑止力のある条例を整備しようと取り組んできた。 今まで被害に遭われた方たちは、喜んでくれていると思う」と述べ、条例成立の意義を強調した。 川崎市のヘイト規制条例は「 50万円以下の罰金」なので、これには反しません。 それすらもしないのに ただネットで文句を言い、事実上問題を座視し、仮にこの条例が施行されてしまったら、今度は川崎市と川崎市民に文句を言うのだろうか?それは「 沖縄の基地問題は沖縄県民の問題」と言っているようなモノで、無責任かつ国内の政治問題に関して何の見識も無いと言われても反論出来まいよ? パブリックコメントとその内容について 次に列挙するのは今回のに関する私の個人的な意見であり、に寄せる内容の骨子である。 多くの人が言ってるから本当だ、問題ないではない。 よろしくお願いいたします。

次の

「私たちは、守られました」川崎でヘイト禁止条例成立、在日コリアンたちが喜びの声

川崎 ヘイト 条例

相互性や両方向性の欠如 この種の法律は相互性や両方向性が存在しない。 川崎市の条例案は処罰の対象として、外国出身者や子孫に対するヘイトスピーチのパターンを示した。 コリアタウンがあり、在日韓国・朝鮮人が多く居住する川崎では、過去に住人らを誹謗中傷する内容のデモが頻発。 インターネット上のヘイト行為への対策も始まっている。 条約本体以外にも一般的勧告、総括所見、解釈指針が — 山口貴士 aka無駄に感じが悪いヤマベン otakulawyer ローデシア「俺たちは・・・」 南アフリカ「正しい!」 アパルトヘイトはヘイトじゃなかったんだ! — ヤン・ヒューリック 1xuVLqH3kQ 「日本人へのヘイトスピーチ」が出元は本物の憎悪煽動やってる極右の屁理屈、同法が適用される国単位ではマイノリティ差別への方が法的緊急性が高いなんてのは我々も当〜然分かっていますけど、はっきり言わせて頂くとその上で在特会もリベラルも両方くたばれよと思ってる人もまぁ多いですよね。

次の

【深層リポート】ヘイト条例実効性は 川崎市が罰則付き条例可決へ

川崎 ヘイト 条例

)に対する差別的意識を助長し又は誘発する目的で公然とその生命、身体、自由、名誉若しくは財産に危害を加える旨を告知し又は本邦外出身者を著しく侮蔑するなど、本邦の域外にある国又は地域の出身であることを理由として、本邦外出身者を地域社会から排除することを煽動する不当な差別的言動」と定義されているものをそのまま使っています。 条例で「罰則対象行為を定めていること」は法と矛盾抵触する可能性• 罰則対象になるのは川崎市内において拡声器を使うなどの手段によりデモ行為等を行うという類型の本邦外出身者に対する不当な差別的言動です。 取り決め もしxがアメリカ先住民の虐殺が繰り返される法律であるならば、xは正当性を持たない法律である。 むしろこれを含めて施行されるなら、条例自体が無効でしょう。 採決の前に2人が退席した。 6月中旬、川崎市役所第3庁舎の掲示板に、「STOP!不当な差別」と書かれたポスターが張り出された。 どうかご安心下さい。

次の

川崎市、ヘイトスピーチ禁止条例可決 罰金最高50万円:朝日新聞デジタル

川崎 ヘイト 条例

あれこれ理由をつけて真に有効な対策を取らないでいることは、むしろヘイト対立に後ろ向きな姿勢を全国に示すということになるのではないか。 現状の対策はカクテル療法でしょうか? 実は自治基本条例にはこうした憲法や自治法が定める地方自治の大原則を破壊する危険性があり、また特定の政治勢力が地方政治に介入する危うさがあることなども指摘されているのです。 先行する大阪市や東京都の条例も啓発が主体で、刑事罰は設けていない。 もしxが代用される単語であるならば、xは不要な単語である。 表現に問題があるかどうかを公権力が判断する以上、具体的にどのような言動が処罰対象になるのかを、分かりやすく示す必要がある。 取り決め もしxが既存の単語で代用可能な法律であるならば、xは正当性を持たない法律である。

次の

川崎市ヘイトスピーチ禁止条例、刑事罰はなぜ「国外出身者」に絞られるのか

川崎 ヘイト 条例

なぜ日本語でなくカタカナ用語か? 俺はなぜhate speechが日本語に訳されないのか疑問に思う。 youtube. — 弁護士神原元 kambara7 正しいのはこちら。 触らぬゴミに祟りなし。 これらに該当した人には市長がやめるよう勧告し、6カ月以内に繰り返せば、命令を出す。 戦中戦後を通じて、差別的言動に刑事罰が科される日本で初めての条例になります。 — 村上さとこ@北九州市議会議員 murakamisatoko ヘイトスピーチの定義が一般の人に伝わっていないことも問題です。 大阪市や東京都が条例を定めたが、罰則は設けていない。

次の