電気 事業 者 による 再生 可能 エネルギー 電気 の 調達 に関する 特別 措置 法。 電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法

電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法

電気 事業 者 による 再生 可能 エネルギー 電気 の 調達 に関する 特別 措置 法

第三条のうち電気事業法第百七条の改正規定中「第百七条中第十三項を第十四項」を「第百七条第十三項中「第七項」を「第八項」に改め、同項を同条第十四項とし、同条第十二項中「第九項」を「第十項」に改め、同項を同条第十三項とし、同条第十一項中「第九項」を「第十項」に改め、同項を同条第十二項とし、同条中第十項を第十一項」に、「第十二項」を「第九項」に改める。 この賦課金の単価は、どの電気事業者と契約されているかや、どの地域にお住まいかに関わらず、全国一律(平成28年度は2. (納付金の運用) 第二十四条 調整機関は、次の方法によるほか、納付金を運用してはならない。 )が特定上限を超えて出力の抑制を行わなければ追加的に当該再生可能エネルギー発電設備によって発電された電気を受け入れることができなくなった後に、当該種類の認定発電設備を当該指定電気事業者が維持し、及び運用する電線路と電気的に接続しようとする場合にあっては、当該認定発電設備の出力の抑制に関し次に掲げる事項を当該接続に係る契約の内容としていないこと。 第六条中ガス事業法第百七十七条第一項第五号及び第十号の改正規定の次に次のように加える。 (検定の有効期限満了の際は、有効期限前までに検定済みかつ有効期限内のものと取り替える必要があります。 もあわせてご参照ください。 自ら新エネルギーによって発電する。

次の

再生可能エネルギー事業の地域への波及効果 : 富士通総研

電気 事業 者 による 再生 可能 エネルギー 電気 の 調達 に関する 特別 措置 法

この場合において、次の表の上欄に掲げる規定中同表の中欄に掲げる字句は、それぞれ同表の下欄に掲げる字句に読み替えるものとする。 18 ・ 2019. )」を加え、「(平成十四年法律第七十一号)」を削り、同条第二項中「第十六条」を「第三十六条」に改め、同条第四項中「第十八条」を「第三十八条」に改め、同条を附則第二条とし、附則第十一条を附則第三条とする。 )及び電気事業法等の一部を改正する法律(平成26年法律第72号)の施行前に同法第3条の規定による改正前の第2条第1項に規定する特定規模電気事業者であって、同法附則第6条第2項の規定により同法第1条の規定による改正後の電気事業法第2条の2の登録を受けたものとみなされる者が特定契約(電気事業法等の一部を改正する法律第3条の規定による改正前の第4条第1項に規定する特定契約をいう。 )に当該期間の属する年度における納付金単価を乗じて得た額を基礎とし、第十七条第一項の規定による認定を受けた事業所に係る電気の使用者に対し支払を請求することができる第十六条の賦課金の額を勘案して経済産業省令で定める方法により算定した額とする。 再生可能エネルギー事業の地域への波及効果 発行日 2016年9月15日 上級研究員 【要旨】• ただし、前条第一項の規定による勧告をした場合は、この限りでない。 26 ・ 2019. 5 第一項から第三項までの規定による立入検査の権限は、犯罪捜査のために認められたものと解釈してはならない。

次の

旧制度よくある質問|固定価格買取制度|なっとく!再生可能エネルギー

電気 事業 者 による 再生 可能 エネルギー 電気 の 調達 に関する 特別 措置 法

PV(特にメガソーラー)偏重の是正と開発期間等リードタイムが長い再エネ事業の推進である。 調達価格等算定委員会の「平成30年度以降の調達価格等に関する意見」にも記載されているように、FIT制度は、需要家の負担により相対的に高い再生可能エネルギーを支援することで導入を促進し、それによって導入コストの低減を実現し、再生可能エネルギーの自立的な導入拡大を図る制度である(p. 四 料金以外の供給条件が社会的経済的事情に照らして著しく不適切であり、再生可能エネルギー電気卸供給約款により再生可能エネルギー電気卸供給を受ける者の利益を著しく阻害するおそれがあるものでないこと。 第五条 改正法附則第五条第一項又は第六条第一項(整備令第四条第二項において準用する場合を含む。 なお、認定申請書において、計測方法の欄を「単独計測」として申請された場合は、分割案件に該当するものとして認定ができない場合があります。 4 前三項の規定により立入検査をする職員は、その身分を示す証明書を携帯し、関係者に提示しなければならない。 このため、技術革新が妨げられる• (再生可能エネルギー電気卸供給約款) 第十八条 電気事業者は、前条第一項第二号に掲げる方法による供給(以下「再生可能エネルギー電気卸供給」という。 )、当該抑制により生じた損害の補償を求めないこと(特定契約電気事業者が特定契約申込者に書面等により、回避措置並びにロ及びハに掲げる出力の抑制を行ったこと、回避措置を講じ、並びにロ及びハに掲げる出力の抑制を行ったとしてもなお特定契約電気事業者の一般送配電事業又は特定送配電事業のための電気の供給量がその需要量を上回ると見込んだ合理的な理由並びに当該指示が合理的なものであったことを、当該指示をした後遅滞なく示した場合に限る。

次の

電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法改正に伴う設備認定制度変更等の取扱いに関するお知らせ|重要なお知らせ|中国電力

電気 事業 者 による 再生 可能 エネルギー 電気 の 調達 に関する 特別 措置 法

再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT制度)とは? 日本におけるエネルギー自給率の向上、地球温暖化対策としての観点から、再生可能エネルギーの普及を目的とし、2012年7月より「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法(FIT法)」が施行され、再生可能エネルギー(太陽光、風力、水力、地熱、バイオマス等)によって発電された電気を、小売電気事業者(電力会社)が一定期間中は同じ価格で買い取ることを国が保証する制度(固定価格買取制度)。 )及びその調達価格による調達に係る期間 (以下 「調達期間」という。 1 電気事業法施行規則附則第17条の特例需要場所として、1需要場所2引き込みが可能であれば、種類の異なる2つの設備について、売電が可能となります。 5 前条第五項の規定は、第三項の規定による届出について準用する。 併せて、次回以降の調達価格の検討にあたっては、運転開始済み事業者のIRR実績を調査し、調達価格設定時の想定と大きな乖離がある場合には、調達価格の算定方法等を改善すべきである。 2 経済産業大臣は、前項の規定により指定を取り消したときは、その旨を公示しなければならない。 4 附則第四条第二項の規定は、前項の規定により新法第九条第三項の認定を受けたものとみなされる特定旧接続請求者(当該特定旧接続請求者に係る旧法第三条第二項に規定する認定発電設備が、再生可能エネルギー電気の安定的かつ効率的な供給の確保を図るために特に必要なものとして経済産業省令で定める基準に該当するものである者に限る。

次の

再生可能エネルギー電気に関するお手続き

電気 事業 者 による 再生 可能 エネルギー 電気 の 調達 に関する 特別 措置 法

供給の条件 再生可能エネルギー電気を供給しようとする者(特定供給者)は、「再生可能エネルギー発電設備」について設備認定を受けなければならない。 災害時に迅速かつ効率的に対応できるよう、送配電事業者に、共同して、相互の連携に関する事項等を記載した災害時連携計画を策定することを義務づけます。 この場合において、附則第四条中「一般電気事業者」とあるのは「旧一般電気事業者」と、「電気事業法第十九条第一項又は第三項」とあるのは「電気事業法等の一部を改正する法律(平成二十六年法律第七十二号)附則第十八条第一項又は同法附則第十六条第三項の規定によりなおその効力を有することとされる同法第一条の規定による改正前の電気事業法第十九条第三項」とする。 。 なお、見込値と実績値の差分については、翌々年度までの再エネ賦課金単価で調整することとなっています。

次の

電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法

電気 事業 者 による 再生 可能 エネルギー 電気 の 調達 に関する 特別 措置 法

また、外国メーカーの場合には、海外メーカーのプレスリリース等に加え、国内販売代理店等による翻訳も必要です。 なお、接続契約締結時に定めた運転開始予定日までに運転開始できない場合には、電力会社に接続を拒否される可能性がありますので、ご留意ください。 以下この条において同じ。 以下同じ。 第十七条 経済産業大臣は、施行日前に、新法第三十二条第二項の規定の例により、平成二十九年度に係る同条第一項の納付金単価を定め、遅滞なく、これを告示しなければならない。 Q5-4. 風力発電の「部分制御考慮時間」は具体的にどのように計算するのでしょうか?(20160401追加) A.出力の抑制が行われた時間に、送配電事業者から出力制御の指令を受けた制御量の割合を乗じて算定します。

次の