アラ スター ムーディ。 サラダ・デイズ/ありふれた世界が壊れる音

【完結】 セブルス・スネイプの天国

アラ スター ムーディ

服従の呪文が得意で、第7巻ではヴォルデモートの命を受けて魔法省に侵入し魔法法執行部部長だったパイアス・シックネスを呪文で服従させ、魔法省内部の情報を流すことに成功する。 闘いや拷問が大好きで、ある意味、主人以上に危険な性格をしている彼女。 報告書は読んだぞ。 過去の濡れ衣についてはハリーとロンの活躍により名誉回復をし、最後までハリーたちの味方となり戦いもともにします。 『ハワーズ・エンド』(1992)• のちにルーピンが人狼であると分かると、ジェームズやシリウスとともにとなる。 今度はルシウスが話を進めた。

次の

ハリーポッター死の秘宝で死んだ人の死因は何?死者の順番もまとめ!

アラ スター ムーディ

ロドルファス・レストレンジ 純血の名家(聖28一族)で狂信的な純血主義とされるレストレンジ家の出身。 映画では『謎のプリンス』と『死の秘宝 PART2』に登場。 ハリーたちと交戦中、ロウルが乱射した死の呪いが当たり死亡する。 " — Mad-Eye Moody — Harry Potter Film HarryPotterFilm いつからバーティ・クラウチ・ジュニアが変身して入れ代わったのか 1994年8月末、ホグワーツに赴任する前日にとバーティ・クラウチ・ジュニアに襲撃され、自分のトランクの中に監禁されてしまう。 ハリーに背後から呪いをかけようとして外したマルフォイが、ムーディによってケナガイタチに変身させられ、驚異的な勢いで跳ね上げられているのを笑っていると、マクゴナガル先生が「ウィンストン!」と蓮を怒鳴りつけた。 確かに、闇祓いは魔法法執行部より『禁じられた呪文』の行使を許可されている。 「まず第一に、今回のスネイプの"お願い"は、確実に成果を約束できるものではない。

次の

#ハリポタ #アルバス・ダンブルドア 伝説の丘のチーム戦

アラ スター ムーディ

魔法使いおよびに対し、ヴォルデモート陣営に与せぬよう説得 が主体である。 『死の秘宝 PART2』では、原作と違ってラベンダーを殺害し、その後ハーマイオニーに吹き飛ばされる。 なんなりと、とは君の未来そのものだ。 しかし、ダンブルドアの支えもあり、ホグワーツに入学することができた。 家庭環境がはるかに悪いハリーだってまともに育ったんだし、結局はその人の素質だろ。

次の

ポップ! 『ハリー・ポッター』 アラスター・ムーディ

アラ スター ムーディ

メモに記された「 R. 原作と異なり、頭髪の上部が黒髪であり、一部を三つ編みにしている。 ポモーナ・スプラウト 名前:エマ・トンプソン 生年月日:1959年4月15日 出身地:イギリス パディントン 主な作品:• 映画では第1作『賢者の石』に名前のみ登場。 ゲーム『ホグワーツの謎』では、主人公と同学年の生徒として登場する。 ちなみに演じたケネス・ブラナーは俳優として非常に評価が高く「ローレンス・オリヴィエの再来」とまで言われましたが、監督業もとても高く評価されており、元妻はシビル・トレローニー役の名女優エマ・トンプソンですが、2作目に出演した元夫と3作目から出演している元妻ということで、共演はありませんでした。 「なぜあり得ないと思う? その根拠はなんだ?」 「変身術やボリジュース薬の解除も試した上で真実薬を飲ませたのだ。 ここが何の法律の下でもない以上、君は自分で自分の身を守る必要がある」 「しかし……」 「形式的なことだと思えばいい。 ムーディ先生には、1年間の約束でおいでいただいた。

次の

サラダ・デイズ/ありふれた世界が壊れる音

アラ スター ムーディ

言葉は時に、呪詛よりもずっと強く人を縛り付けるのだと、この時の彼らはまだ知る筈もなかった。 ヴォルデモートが復活した際、ホグワーツに入って普段は犬の姿になり、ダンブルドアとともに復活の儀式の詳細をハリーより聞く。 風もいくらか弱まり、夜らしい静寂さを取り戻した丘の上で、両者は改めて向かいあった。 また、7人のポッターの戦いでは、ロンやハーマイオニーら6人の不死鳥の騎士団メンバーをハリーに変身させ、敵をかく乱させる作戦を指揮しました。 青白い痘痕面。 若いころは臆病で卑屈な面があり、裁判では、険悪していた父に「自分は死喰い人ではない」と無実を言い張っていたが、成人してからは、危険な任務をみずから志願するほどの芯の強い性格となった。 この「 レストレンジ」と言う姓はブラック同様、魔法使いの名家のもの。

次の

マッドアイ・ムーディは一見怖いけど、いい人!?実はホグワーツで教鞭をとった事がない【ハリー・ポッター】

アラ スター ムーディ

仕事中毒人間な同期は、その日、遂に姿を見せなかった。 その後、神秘部の戦いに参加するがダンブルドアに捕らえられ、アズカバンに収監される。 わしは、そうでなくてはならぬのじゃ。 「仕方ない、種明かしをしよう。 抜け目のないことを言っているのに、まるで崇高な魂の前にいるような、妙に薄気味の悪いこの感覚はなんだ? 打つ手を変えるべし。 杖をステッキに仕込んでおり、初めてを使おうとする人物である(詠唱はドビーに途中で遮られ、失敗に終わる)。 なかなかの美人で、すらっとしていて色白。

次の