西日本 新聞 かんぽ。 局員68人を厳重注意 かんぽ不正販売問題(西日本新聞)

局員68人を厳重注意 かんぽ不正販売問題|【西日本新聞ニュース】

西日本 新聞 かんぽ

周囲のうわさに惑わされることなく、冷静に行動してください」 同社が18日に局員向けに出した文書では不正受給が発覚した場合、中小企業庁による事情聴取や事業所への立ち入り調査がなされ、悪質なケースでは刑事告発されると警告。 2007年の郵政民営化に伴い「かんぽ生命保険」という生命保険会社が誕生し、全国にある2万店以上の郵便局で販売されています。 かんぽ生命の職員たちのノルマ・営業成績のためには、できるだけ多くの人に保険を契約してもらう必要があります。 その内容は暑中・残暑見舞いはがき「かもめ〜る」の販売ノルマが達成できないため、自分で購入するいわゆる自爆営業をせざるを得ない実態を暴露するものでした。 かんぽ生命保険の不正販売問題を巡り、日本郵政グループは12日、不正に関与した郵便局員68人を厳重注意処分にしたと明らかにした。 契約時に被保険者が同席していない場合、営業担当局員は後日、被保険者と面会して健康状態が加入要件を満たしているかをチェックする。

次の

かんぽ生命保険の…|【西日本新聞ニュース】

西日本 新聞 かんぽ

・かんぽ生命不正発覚のきっかけは? かんぽ生命で不正が行われていることが明らかになったのは2018年8月に、郵便局員から西日本新聞という新聞社にタレコミがったことから始まったとされています。 問題を巡り、営業担当の郵便局員の間で、海外映画の日本語字幕を書き換えた作成者不明のパロディー動画が出回っていると、先日の紙面で紹介した。 契約時に被保険者が同席していない場合、営業担当局員は後日、被保険者と面会して健康状態が加入要件を満たしているかをチェックする。 (宮崎拓朗) 【ワードBOX】不正販売問題の重点調査 日本郵政グループは昨年8月から、乗り換え契約の際に新旧の保険料を二重払いさせるなどした約18万3千件を特定事案として重点的に調査している。 詳しく見ていきましょう。 職員の利益のために保険料の二重支払いをさせた• 同社が受託販売しているのは、東京海上日動火災保険など損害保険5社が共同で手掛ける自動車保険。

次の

自動車保険も「自腹防止」 日本郵便が規定変更、営業実績の対象外に(西日本新聞)

西日本 新聞 かんぽ

職員の利益のために保険料の二重支払いをさせた 「契約期間が6ヶ月以内に解約して新しい保険を契約してもらっても営業成績は半分になる」というルールをかいくぐるために次のような言い訳を考えました。 「新しい契約をさせておきつつ、旧契約を6ヶ月以上経過するまで解約できないことにしてしまえばよい」 かんぽ生命の契約者の多くは高齢者で、信頼している郵便局の保険なら「勧めてくることに間違いはないだろう」と思い込んでいるため、二重支払いを了承してしまいます。 「民営化が始まった07年当時、郵便局長として、お客さんに窓口に来てもらう工夫をしながら仕事をしてきた。 同社関係者は「不正申請が事実ならば、さらなる企業イメージの悪化につながりかねない」と危機感を強めており、22日には現場管理者に実際に申請した局員がいないか調査するよう指示した。 では、顧客にとって不利益となる乗り換えを抑制するため「失効解約率」という指標を設け、解約の受理件数が多い局員に改善するよう指導していた。

次の

コロナ給付金申請、日本郵便が局員調査 減収の原因虚偽なら刑事罰も(西日本新聞)

西日本 新聞 かんぽ

日本郵便は申請をやめさせるだけでなく、社員の生活状況に応じて必要な支援をすべきだ」と指摘する。 日本郵政グループは昨年8月から、乗り換え契約の際に新旧の保険料を二重払いさせるなど顧客の不利益が疑われる約18万3千件の「特定事案」を調査しており、今年5月末時点で1889人の不正が確定した。 (宮崎拓朗). まとめ ・かんぽ生命とは何? 「かんぽ生命」とは「郵便局」が販売している生命保険で、2007年の郵政民営化に伴い「かんぽ生命保険」という生命保険会社が誕生し、全国にある2万店以上の郵便局で販売されています。 職員の利益のために保険料の二重支払いをさせた• 職員の利益のために無保険期間を作らせた• また、かんぽ生命不正の内容をわかりやすく解説していきます。 一つは「契約期間が6ヶ月以内に解約して新しい保険を契約してもらっても営業成績は半分になる」というものと、 二つめは「解約後3ヶ月以上は期間が空いていないと新しい契約と見なされずに営業成績は半分になる」というものです。

次の

郵政G120人が「虚偽申請」 持続化給付金、コロナ影響で減収装う|【西日本新聞ニュース】

西日本 新聞 かんぽ

不正販売問題の原因を調査した特別調査委員会が26日に公表した報告書は、かんぽ生命では「顧客に不利益を生じさせた可能性がある契約でも、署名・押印を得ており違法ではないとの意識が根強かった」と指摘した。 新しく勧められた保険が本当に契約者のために必要ではないにも関わらず、ノルマや営業成績のために契約者には必要のない保険の切り替えを強要しました。 手っ取り早い方法は、すでに契約している人に「新しい保険があってこっちの方がおトクですよ」と言って保険を切り替えてもらう方法です。 だからこそ、の増田寛也社長には、グループの一体的な方向性を示してほしい」 -一部事業を公営化するなど、今の民営化路線を修正すべきだと思うか。 職員たちはこのルールをかいくぐるために、契約者たちを騙す事にしました。 意図的に解約・乗り換えさせ、営業実績や手当金を稼ぐ局員もいた」(東京都の局員)という。 すでに内部からのリーク情報で、経営陣が被害者面をしていること、責任を取ろうとしない姿勢が明らかとなっていました。

次の

かんぽ生命不正まとめ!わかりやすく解説・発覚のきっかけやSNS禁止についても

西日本 新聞 かんぽ

かんぽ生命不正発覚のきっかけやSNS禁止の理由は? かんぽ生命不正発覚のきっかけはなんだったのでしょうか? また、かんぽ生命の職員に対してSNS禁止の命令が下された理由について見ていきましょう。 「お前は寄生虫だ」発言 2019年12月18日には、かんぽ生命の不適切はんばう問題の特別調査委員会が、ノルマ達成できなかった社員に対しパワハラ・恫喝が当たり前に行われていた実態を公表しました。 「局舎を単純に減らすのではなく、都市部の局舎の効率的再配置をすべきだ。 かんぽ側に質問したところ、(1)保険料が支払えない若い独身の子どものために掛ける(入院保険金の受取人は被保険者である子どものため)(2)被保険者に生計や老後を委ねている契約者が、被保険者の死亡後に保障を必要とする-の2例を挙げた。 不適切販売 詐欺 を知りながら黙認 などが報告されています。 日本郵便は「件数は把握していないが、社員が営業実績を上げるために、一般契約で加入している事実が確認できたため制度変更した」とコメントした。 かんぽ生命保険の不正販売問題で営業自粛中の郵便局員が、国の持続化給付金を申請している-。

次の