エスコート ゾーン。 静岡県/歩行者支援システム(高度化PICS)

視覚障害者誘導標示『トアエスコート』 トウペ

エスコート ゾーン

また、私達の研究グループがユニバーサルデザインの思想を込めながら研究開発してきたものが、広く人々の理解を得ながら障害者の方たちの支援に役立つことを願っています。 トアエスコート各種製品は道路交通法に定める道路の効用を妨げず、 一般交通にも支障を与えないでバリアフリー化できる画期的な商品です。 これは極端な例ですが、ずっと横断帯上を通過することは無いにしても、他の通行者もいることですし、混雑している場合などでは、意識して避けない限りその上を通らざるを得ないということも起きるでしょう。 名(ふりがな)は機種依存文字、半角カタカナは禁止されています。 下塗り材 プライマー• アクリル樹脂塗料 1液タイプ• 超速乾溶融すべり止め 歩車道分離・自転車道・通学路 排水性舗装用およびすべり止め材 車両運転時減速効果 スリップ事故対策• 中塗り材• 具体的にどう違うのかというと、 歩道上にある突起物(点字ブロック)の方が 上から見たときに頂点の円が広く、 なだらかな山型になってるのに対して、 横断歩道上にある エスコートゾーンの突起物は、 点字ブロックと比べて頂点が小さく 横から見ると富士山のような形になっています。

次の

視覚障害者誘導標示トアエスコート 【JIS対応品】【警察庁規格適合品】【施工事例付カタログ進呈】 製品カタログ

エスコート ゾーン

溶融型• 点字ブロックに使われる突起より傾斜部が緩やかになっている点が注目されます。 プール• 耐有機酸性• 溶剤・2液タイプ・紛体混合有• 表面強化材 水性・1液・添加剤有• 姓(ふりがな)は機種依存文字、半角カタカナは禁止されています。 歩車分離式信号 など 目の不自由な方や高齢者にも安心して道路を横断してもらえるシステムを。 アスファルト用プライマー・既設塗膜• 水性・2液タイプ・紛体混合有• ですから、こうした矛盾する性質をもつ支援設備を皆の協力を得ながら設けていくには、プラス面を保ちつつマイナス面をできるだけ減らす、つまり「ユニバーサルデザイン」的考えが求められるのです。 角度は点字ブロックの点状突起が45度なのに対して道路横断帯の突起は32. 環境性能• 元々は視覚障害のある人に 歩道の始点や終点を知らせたり、 横断歩道であることを 案内したりするための突起物ですが、 車も横切る横断歩道では、 突起物上を車が通過し続けることで、 当然先端が摩耗していきます。 水性・1液タイプ• トアエスコート各種製品は道路交通法に定める道路の効用を妨げず、一般交通にも支障を与えないでバリアフリー化できる画期的な商品です。 プールサイド• 現在では、歩道・鉄道駅・公共施設だけでなく、民間の商店の出入り口近くなど、広く設置が進んでいます。

次の

視覚に障がいのある方へのサービス:久喜市ホームページ

エスコート ゾーン

作業性に優れる• 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた取組のひとつとして、競技会場に近い三島市に重点的に13基の設置を進めています。 無溶剤• 車両通行で摩耗する• コンクリート 湿潤面• なぜ、わざわざ一般的に敷かれているものと違えてあるのでしょうか?その隠された秘密に迫ります・・・。 使用場所から選ぶ• 塗料種類別• 下塗り材 プライマー• これは、文字通り注意すべき位置を示すブロックです。 プールサイド用 無溶剤・2液タイプ• 耐衝撃性• トップコート 水性・1液タイプ• 歩道と同系色・同材質のブロックでは、弱視や色弱者の人たちには識別が困難です。 さて、ここで問題です・・・。 そして、その根底には共通した考えがあることに気づきます。

次の

視覚障害者誘導標示 トアエスコート【※施工例付きカタログ進呈】 トウペ

エスコート ゾーン

水性防水材 1液タイプ• さて、一般市街地を移動する際に道路横断は避けては通れませんが、これは視覚障害者にとっては極めて困難の大きいタスクとなります。 樹脂系すべり止め 歩車道分離・自転車道・通学路 排水性舗装用およびすべり止め材 車両運転時減速効果 スリップ事故対策• 歩道上の視覚障害者ブロックを横断ゼブラ上に延長し、視覚障害者の方々の歩行を助けるために造られました。 。 その成果が実り、開発した横断帯の標準化が本年度に予定されています2)。 トアエスコートには、使用目的に応じた2つのタイプをご用意しています。 エスコートゾーン• クリップする• 水分がある場合はバーナー等で乾燥させてください。

次の

道路・路面標示

エスコート ゾーン

スリップ事故対策• 歩行者経過時間表示(歩行者青信号の待ち時間や残り時間を表示)• 3 接着材塗布 接着材は、貼り付けるシートの枚数に必要な量だけ秤で計量し、ヘラ等で20秒以上良くかき混ぜた後、シート貼り付け面に流し延べてコテ、ヘラ等でならしてください。 溶融型 視覚障がい者誘導用標示• 工場床・倉庫• 歩道支援タイプ【トアエスコートガイド(T・Sタイプ)】 JIS T 9251適合品 トアエスコートガイドは視覚障害者用の方々の歩行を手助けするための視覚障害者支援システムです。 特徴は2つあります。 無溶剤• リブ式全天候型高視認性路面標示 車線境界線・横断歩道 歩車道分離・自転車道・通学路 車両運転時減速効果 スリップ事故対策• 速乾性• 5度です。 この突起を進行方向と直角方向に2. 岡山市では岡山駅前の電停、国富の交差点、大供の福祉会館前などの横断歩道上に敷設されています。 9MB 視覚障害者誘導用標示(歩道での誘導標示) トアエスコートボンドにて接着 トアエスコートゾーン 3. 交差点に近づくと送信機からの案内が始まります。

次の

静岡県/歩行者支援システム(高度化PICS)

エスコート ゾーン

静電気が発生する• 工程から選ぶ• 国内外 必須 国内 海外 郵便番号 必須 郵便番号をご入力ください。 アスファルト・コンクリート用プライマー• 工期が取れない• さてそこで、線状突起が敷いてあるとして、車いす利用者がその線を何本も横切りながら対岸まで渡るとします。 コンクリート 屋内用• 下塗り材 プライマー• JIS K 5665 3種 車線境界線・横断歩道 歩車道分離・自転車道・通学路• 視覚障害者が足裏の触感覚で認識できるよう、突起を表面につけたもので、視覚障害者を安全に誘導するために地面や床面に敷設されているブロック(プレート)のことです。 ・・・なるほど、では縦線ではいけないのでしょうか?歩道は縦線ですね。 2 バリアフリー社会における横断歩行者の安全確保に関する調査研究報告書、警察庁、 エスコートゾーン作業部会 2004. 内外装用塗料 水性・1液タイプ• アスファルトシングル用下塗り材 水性・1液タイプ• シート・NETIS登録• ふりがな 必須 姓(ふりがな)をご入力ください。 樹脂系すべり止め• 天然アスファルト系樹脂塗料 溶剤・1液タイプ• これは、視覚障害者がブロックの突起を足裏、あるいは白杖で確認しながら突起の方向にしたがって進むことができるように設置されています。 イージーワンスーパー専用• 図3 道路横断帯を上からみた模式図 <その使い方は?> では、どうやってこれを利用するのでしょうか?視覚障害者の移動には「オリエンテーション&モビリティー」といって、1)ある空間内における自分のいる位置と自分が向いている方向を知ること、2)どちらの方向へ進めばよいのかを知ること、3)その方向へ正確に歩行する技術を持っていること、が欠かせません。

次の

株式会社トウペ

エスコート ゾーン

塗料タイプから選ぶ• 横線にすることで、現在の位置が歩道上ではないことも示しているのです。 既存塗膜が判らない• 下塗り材 プライマー• アルミニウム• 点字ブロックは、視覚障害者の安全かつ快適な移動を支援するための設備として、1965年(昭和40年)に三宅精一氏によって考案され、1967年(昭和42年)3月18日、岡山県立岡山盲学校に近い国道250号原尾島交差点周辺(現:岡山県岡山市中区)に世界で初めて敷設されました。 水性カラー舗装材 歩車道分離・自転車道・通学路• 木部 屋外• 一般交通に支障を与えずバリアフリー化!一般の歩道はもちろん横断歩道も 【トアエスコート】は、視覚障害者の方々の歩行支援システムとして開発いたしました。 しかも、、 横断歩道上に設けられた 視覚障害のある方向けの施設 『エスコートゾーン』についてです。 視覚障害者が進行方法を決定する方法は2つあります。

次の