パズドラ ルルナ。 【パズドラ攻略】4タイプに有効な無効貫通要員!“ルルナ”の評価&使い道を考察 [ファミ通App]

【パズドラ攻略】4タイプに有効な無効貫通要員!“ルルナ”の評価&使い道を考察 [ファミ通App]

パズドラ ルルナ

HPを2万以上回復することで覚醒無効状態を回復できるのは魅力ですが、やはり多色条件のデメリットが重すぎます。 ルルナ(進化前)を育ててみると…… ルルナ話の続きだった。 にゃ~~~~んwww(またか) あああ …… !!>< なんてかわいいルルナちゃん!!>< って、間違えた。 毒ギミックを完全に防げる 毒耐性+をもっているので、1体編成するだけで毒や猛毒変換を防ぐことが可能。 2体目のルルナを入手できた場合は、ルルナ装備へアシスト進化させるのも良いでしょう。 耐久力、火力共に強力で、覚醒無効対策をリーダーでできるのが強力です。

次の

【パズドラ】究極ナコルルの評価!おすすめ超覚醒と潜在覚醒|サムスピコラボ

パズドラ ルルナ

火を7個以上つなげて消すと、攻撃力が6倍。 0 225. 主にダンジョン周回でコンボ吸収対策として活躍するスキルで、サブだけでなくアシストとしても起用できる。 周回編成ではスキル枚数が肝になることが多く、1つで重要な2つの効果を持つこのスキルは貴重。 覚醒スキル 覚醒スキル 効果 自分自身へのバインド攻撃を無効化する チーム全体のスキルが1ターン溜まった状態で始まる スキル封印攻撃を無効化することがある スキル封印攻撃を無効化することがある 毒攻撃を無効化する ドロップ操作時間が延びる(1秒) HP80%以上で攻撃力がアップする(1. スキル内容も優秀のため、幅広いパーティでアタッカーとして活躍できる。 木を6個以上つなげて消すと13. 4タイプに対して有効な無効貫通要員として活躍が見込める。

次の

【パズドラ】ルルナ(ダークカラー)の評価!おすすめの超覚醒と潜在覚醒

パズドラ ルルナ

先制大ダメージなどを受けやすくなり、高難易度ダンジョンでも通用する運用ができる。 木を6個以上つなげて消すと攻撃力が9倍、1コンボ加算。 どちらも中途半端で優先して起用したい場面は限られるため、進化させるなら3体所持以上にしよう。 そのくらい究極ナコルルが優秀なのです。 回復ドロップで2万以上回復すると、覚醒無効状態を5ターン回復。 無事に魔法石の数が7個を超えたので、 「ルルナかライザー!! どっちかが欲しい!!!」 ってんで、迷わずガチャルームに突入した。

次の

【パズドラ】ナコルルの評価と超覚醒のおすすめ|サムライスピリッツコラボ|ゲームエイト

パズドラ ルルナ

アシスト進化は一旦様子見が無難 ナコルル装備はHP80%以上強化と火ドロップ強化を同時にアシストでき、スキルは究極進化と同じく火花火です。 総合的な評価 全パラ補正で抜群の耐久性能。 おすすめの超覚醒 HP80%以上強化がおすすめ 単純に火力を上乗せできるHP80%以上強化がおすすめ。 リーダー起用する際は火ドロップ確保を意識した編成にすると良い。 25倍に。

次の

【パズドラ】ルルナの評価!究極進化はするべきか?|ガンホーコラボ

パズドラ ルルナ

最上段横1列を木ドロップに変化。 すると……! 「でたぁぁぁぁあああ!!! ダイヤタマゴッ!!!」 まあ当たり前なんだが、 やっぱりレアガチャからダイヤタマゴが出るのは気持ちいいね!!期待が生まれるしね!! ぜひとも レアガチャからは、ダイヤばかりが出るようにしてほしいわw ……でもそうなったら、 ダイヤタマゴより上のハルマゲドンタマゴとか導入されるかもしれんけど。 大ダメージもしっかりと受けきれるので高難度攻略にも適しているが、回復倍率や軽減効果がない。 じつは迷っていたのだ。 火力、耐久性能ともにトップクラスで高難度攻略も実行可能。 限界突破もさせ……。 0 487. キャラ 汎用性 唯一性 進化前 S S S SS A S アタッカーとして優秀な究極進化がおすすめ ルルナ(ダークカラー)はキラーとコンボ強化により火力を出せるアタッカー。

次の

【パズドラ】ルルナの評価!分岐究極進化おすすめはどっち?

パズドラ ルルナ

(パズドラ本編でも使用可)• アテナ 攻撃とスキルの優秀サブ。 だから面白いものが作れる。 全ドロップを火ドロップに変化。 周回編成で非常に強力で、うまく使えば1スキルで2フロア分の突破が可能になる。 アシスト進化は3体目以降 ルルナ装備は耐性と木属性強化を付与できるという性能。 でもサブとしてなら……キラーが4つもついていて、エンハンスと回復が12ターンで使えるダークカラーのほうがいいような……!! さて、どうしようか……。 ルルナ(ダークカラー)の総合評価と使い道 リーダーとしては高HPと高い攻撃倍率を持っているので、高難易度ダンジョンでも活躍できる性能。

次の