20 メタニウム mgl。 【比較してみた】シマノの2020年の新製品『20メタニウム』と、16メタニウムの違いを比較してみた

【比較してみた】シマノの2020年の新製品『20メタニウム』と、16メタニウムの違いを比較してみた

20 メタニウム mgl

これは実際に使用した際の感覚なので個人差あるかと思います。 向かい風でもあまり気にせず投げれてしまいます。 ラインを太くしていく程、スティーズSVTWより20メタニウムの方がその良さが顕著にあらわれると感じました。 つまり、最大巻き上げ長にわずかとは言え差があります。 19アンタレスと同列の印象 小ささと軽さを必要とするならば選択は20メタニウムになりますが、今回は19アンタレスと同列な印象ですので自分のメインリールをどうするか判断に迷っています。 リールのボディは残念ながらアルミではないので、「コアソリッドボディ」といっていいのかは分かりませんが、 マグネシウムボディ合金での一体成型は【20メタニウム】が初。

次の

20メタニウムのインプレ !19アンタレスや16メタニウムMGLとの比較

20 メタニウム mgl

逆にこれまでのベイトリールには搭載されたことのない新たな技術は特にない…とも言えますが、メタニウムシリーズを長期に渡り使ってこなかった私でも、魅力を感じる技術は詰め込まれています。 まさに専用。 これは我々契約プロも同じで、開発に携わっていたものなんかは随分前からリリースを知っているけど戒厳令が敷かれています。 もちろん、XGが必要なら20メタニウムです。 ノーマルギアは共通で一巻66cm HGモデルは16メタは一巻79cmに対して20メタは76cm。

次の

20メタニウム MGL HG

20 メタニウム mgl

共にXGだが、巻きが重いなんてことは一切ない。 ブラスギアはカルカッタなどのリールにも使われているもので、巻き感が上質なモデルに採用されているのが特徴。 20メタニウムの価格は妥当か? 20メタニウムはYahoo! そんなわけでシマノリールファンは当然色々手持ちのリールがあるでしょうから、発売までにそことの兼ね合いをよく考えなきゃ…ですね。 特に近距離の撃ちものに使う場合は長く16メタを使っている人ほど気になるかもしれない。 左:19アンタレス 右:20メタニウム まずサイズ感ですが、若干19アンタレスの方が大きい感じです。 ジュラルミンじゃ無く、敢えての高剛性ブラスギヤでも巻き心地やはり良いです。 1.超高強度真鍮ドライブギアへの期待 まずはやっぱり何はさておきギアの変更、ここだと思っています。

次の

超注目新製品。20メタニウムをインプレ!

20 メタニウム mgl

(釣りフェスでシマノ開発者さんが語っていました) ちなみにですがこの辺の変更に伴い、クラッチプレート(クラッチレバーを取り付ける金属板)も形状が微妙に変わってしまっています。 19アンタレスでも驚きましたが、やっぱりマグナムライトスプールIIIは後半の伸びと軽い力でも良く飛ぶのは素晴らしいです。 上記のタックルセッティングで使ってみた使用感です。 KDWオフセットクラッチとの相性を確認しましたが、使用感はバッチリです。 結論から言うとバリアルのハンドルは外して、今はノーマルの状態で使用しています。

次の

【20メタニウムMGL】釣りフェスティバル2020で見た感想をカスタムパーツ屋の目線で書いてみる

20 メタニウム mgl

・ヘビーカバーの打ち物用タックルに使ってみたり。 1:1 の三種類。 まるで ベイトフィネスリールを使ってるかのような感覚ですけど、しっかりとした剛性感があり全く不安は感じられませんでした。 マイクロモジュールギヤ• 最近は、20アンタレスがメインリールでサブが16メタニウムという使用でした。 僕が快適だと思う範囲なので、この範囲外もぜーんぜん余裕です。 16メタニウムも素晴らしいリールだが、2020年は進化したメタニウムの実力に目が離せない年になりそうだ。 SVS(遠心ブレーキ)の進化もほぼ終点なのか、両者のブレーキ性能も特に変わりない感触です。

次の

【シマノ】20メタニウムが「買い」な理由と懸念している2つのこと(追記あり)│ナナブンノニブログ

20 メタニウム mgl

そういう時以外はあまり問題ないですね。 20メタニウムのスペックと特徴 早速ですが、ごちゃごちゃした前置きは少なめにしまして、 20メタニウム、個人的には完全に「買い」だなと判断しています。 20メタニウム• さて、今回(2020年1月14日)ブログで公表されたのは下記3シリーズ。 2.軽量化された高剛性コアソリッドボディ 20メタニウムは「16メタニウムMGLがコアソリッドボディになって剛性アップ、しかもブラスギアなのに自重はそのまま175gという驚異の軽さ!」と考えるのが一般的でしょうが、自分としては「18バンタムMGLを軽量化して、しかもキャストフィールが抜群にアップ」とも解釈できるのではと考えます。 2号 148m PE1. 個人的には相当なマストバイ製品だと感じています。 いずれも撃ち物専用に使っていて、スピード感がよくてめちゃくちゃ気に入ってるんですよね~。 コアソリッドボディの採用によってコンパクト化し、パーミング性能UP• 1のXGを選んで1番体感したかったのが巻き心地です。

次の

【20メタニウムMGL】釣りフェスティバル2020で見た感想をカスタムパーツ屋の目線で書いてみる

20 メタニウム mgl

レベルワインド付近の表情にも違いがあり、20メタニウムはボディ前面の雰囲気は、どちらかというと旧メタよりもバンタムMGLに近いような印象を受ける。 ボディが一層ナロー化している影響でドライブギアシャフトが3mm程短くなっているし、16メタニウムMGLなんかに採用されているタイプのシャフト形状になっていますね。 クラッチレバーに不評があった18バンタムや19アンタレスとは違い、20メタニウムは完全平面タイプなので問題はありません。 自重は175gで、ソコソコ軽量なうえに、社外パーツも豊富でカスタムしやすく、さらに追い込める といった 稀に見る優等生タイプ。 おかっぱりだけの問題ですが、ヤブ漕ぎした時にダイヤルケースの窪みにダストや粉塵が入るおそれがあります(18バンタムと同様です)。

次の