仏壇 お供え ご飯。 仏壇のお供えは「香り・花・灯り・お水・ご飯」の五供(ごくう)をお供えします

仏壇のご飯をお供えする方法は?いつ下げる?回数は決まってるの?

仏壇 お供え ご飯

本来、湯気がご馳走ですから、炊きたてのご飯が基本です。 日々の仏壇へのお参りの仕方 仏壇へのお参りは、毎日、朝は朝食前に、晩は夕食後に、家族そろって行うのが正式です。 さとう盛り 砂糖でできたお供物で、高月や供花の上に飾ります。 また、浄土真宗の場合は考え方の理由から霊供膳をお供えしませんが、それについてもより詳しくご説明していきます。 どんなお供え物がよいのか悩む場合は、「」も参考にしてみてください。

次の

仏壇のお供え物その後の処分…食べるか捨てるか?いつ下げるのが正しい?

仏壇 お供え ご飯

大型の仏壇の場合は、ご本尊の両脇にある「お脇掛(おわきがけ)」の前にも供えることが作法です。 おぶっぱん・おぼくさま・おぼくさんなど地域によって呼び分けられ、それぞれの地域で仏様への感謝や親しみが込められています。 あなたのご家庭が、毎日ご飯を炊かれるのなら毎日お供えして頂けばいいんですが、家族が少ないご家庭や、主食がご飯でないご家庭の場合、なかなか難しいと思います。 そんな時は、半紙などの白い紙に包んだうえで捨てるのが良いです。 なお、お下げした後はいただくのが最も理想的な処理の方法である。

次の

仏壇にお供えするご飯について解説!供えるタイミングやマナーとは?

仏壇 お供え ご飯

金額の相場は5千円から1万円ほどで、包む際には香典袋ではなく白無地の封筒を用意します。 のし紙で包装する お供え物は、仏事とはいえ弔事ということもないので、白黒よりも、双銀や白、黄白の水引きがついた掛け紙が適当かもしれません。 先ほども見たように、仏様やご先祖様はお料理から立ち上る湯気を召し上がるため、冷め始めたタイミングというのは、いわば仏様やご先祖様が食事を終えたことを意味するためです。 その内の「ご飯」は、私達も毎日食べるものですから、最も身近なお供え物と言えるかもしれません。 仏壇にお茶やお水をお供えする「浄水供養」は浄土真宗では方法が異なります 浄水供養 仏様の乾きを癒すために仏壇にお水やお茶をお供えするのが「浄水供養」です。 灯明をともして線香や仏飯・茶湯をお供えする• 果物 りんご、バナナ、オレンジ、ぶとう等。 お線香をあげたら、おりんなどを鳴らし、お参りをしましょう。

次の

仏壇に毎日ご飯供えますか?(浄土真宗)

仏壇 お供え ご飯

下げるタイミング:朝は午前中、夕方もご飯が固くなる前に下げましょう。 ただし、浄土真宗だけは、水をあげないとする解釈もあります。 仏壇についても最近人気になってきているミニ仏壇を利用することも可能です。 気持ちがあってされていることなので、悪い事ではないのですが、 ご本尊にお供えしたご飯(お下がり)をご先祖様が頂き、ご先祖様が頂いた お下がりを私達が頂くので、改めてお位牌の前にご飯をお供えする必要はありません。 お支払いについて お支払い方法はクレジットカード、または銀行振込からご選択いただけます。 お仏壇の返品に関してはをご覧ください。

次の

仏壇にあげるご飯について。我が家は基本的に朝はパンなので、夜・ご飯を炊いて...

仏壇 お供え ご飯

自分の家に仏壇はないけれど、法要で親族の家に行く際にお供え物を持参される方は多いのではないでしょうか。 主に浄土真宗で使われており、浄土真宗以外の宗派では、 仏器膳を使うのが一般的です。 毎日仏壇へお供えをされている方はもちろん、仏壇のあるご家庭へ法要に行かれる方にもためになる情報がたくさん載っています。 お参りをする回数は決まっていませんが、必ず1日1回とされています。 野菜など植物にまつわるものが中心になる霊供膳の献立ですが、野菜の方もどの種類のものを使って良いわけではありません。 例外的に両脇の掛け軸が文字だった場合、 そこにはご飯さんを供えないようにおっしゃるご住職さまも居ます。

次の

仏壇にご飯をお供えのルール。知っておきたい仏壇のお供えご飯編

仏壇 お供え ご飯

供える場合、お水は向かって左側に、ご飯は右側に供えます。 お供え物は大切な仏前供養なので、置きっぱなしにしてはいけません。 お仏壇にご飯を供えるのはどうして? まず最初に、仏壇にご飯を供える理由について解説しましょう。 お供え物として適していない物 お供え物として適していないのは、殺生を感じさせるもの、香りの強すぎるものです。 盛糟にはサイズがありますので、仏飯器の大きさに合った物を選ぶ必要があります。 ) お振込のタイミングによっては、取扱い在庫がなくなる場合があります。 仏壇のお供え物は、仏様やご先祖様の毎日の供養に欠かせないとても大切なものです。

次の

仏壇のお供えは「香り・花・灯り・お水・ご飯」の五供(ごくう)をお供えします

仏壇 お供え ご飯

お菓子は後からみんなで分け合いやすいため、飲み物や果物は「死者はのどがかわくので、水分の多いものがほしい」とされているためです。 お供えのご飯を下げた後は 仏壇にお供えしたご飯はずっと置きっぱなしにはせず、仏壇に供えて手を合わせた後に下げて美味しくいただくことが良いと言われます。 つまり、 左側に飯椀が、右側に汁椀が来るという配置になります。 最近はお手入れが楽な造花や常花(じょうか)を飾る方も増えていますが、仏教には「花のいつかは枯れる様が人の世の無常を表現している」と言う教えがあります。 浄土宗 まず浄土宗の場合は、お膳の左上に壺椀が、右上側に平椀が、そして真ん中に高坏が来るという配置です。 ですから、長時間お供えしたまま放置するのは駄目なのです。

次の