君 さえ い なけりゃ よかった。 箔埴さえいなけりゃ邪兆梧簡⇧敢画蟹議仍仍_為業岑祇

コバソロ 「君さえいなけりゃ」 가사 번역

君 さえ い なけりゃ よかった

「うわっ!何、だれ…」 「とみたんだよ!」 「もう、なんなの?なんか用?」 ぎゅうとそのまま後ろから抱きしめる。 絶対に、あんたには俺しかいない。 早く、冗談に決まってるじゃんなんてその笑い皺を寄せていつもの顔で笑ってくれと、俺は唇を噛みながら願った。 だけど、俺のことなんて気にしていないような顔をされると、余計に胸が抉れるんだ。 君さえいなけりゃよかった 如果你從未出現過該多好 降り出した雨の中で 君に出会った時から 下起雨的那一刻 從遇到你那時起 君がいないということが 当たり前じゃなくなった 身邊沒有你的情況 就已經不再是平常 ああ こんなはずじゃない 啊 不應該是這樣的 ずっと自分勝手にさ 過ごせたはずなのに 明明一直是散漫地過着自己的日子 まるで僕じゃないような僕が さらけ出されてくよ 就像是帶出了不是我的另一面的我 君さえいなけりゃよかった こんな気持ちは知らないから 如果你從未出現過該多好 就不會知道這種心情 やらなくちゃいけないことが 手つかずのまま積もってく 一堆不得不做的事情 堆在手頭越積越多 僕じゃなくてもいいのなら こっちを見て笑わないでよ 如果不是我也可以的話 就別看着我這邊笑啊 大袈裟じゃなくてそれだけで 忘れられなくなるの 甚至那些不重要的事情 都變得難以忘記了 君の適当な話も 全部心に刺さります 你無意間隨口說的話 全都刺在心頭 気にしなけりゃいいのにな 残らずかき集めちゃうの 雖說只要不在意就可以了 卻一句不剩全收集了起來 ああ こんなはずじゃない こんなはずじゃない 啊 不應該是這樣的 不應該是這樣的 君に出会わなきゃよかった こんなに寂しくなるのなら 如果沒遇到過你該多好 就不會變得如此寂寞 君じゃなくてもいいことが もう見つからないの 已經找不到 和你無關也可以的情況了 忘れられないから 君じゃなかったら 無法忘記了 要不是你的話 いっそ見損なってしまうような そんなひとだったらなあ 乾脆變成根本看不起的人 如果是那種人的話 でもそれでも どうせ無理そう 嫌いになれないや 但是即使如此 大概反正也不可能 無法變得討厭 僕がいなくてもいいなら いっそ不幸になってしまえ 如果不是我也可以的話 乾脆變得不幸吧 最後にまた僕の元に 泣きついてくればいい 最後還是會回到我身邊 哭着湊過來的話就可以 君さえいなけりゃよかった こんな気持ちは知らないから 如果沒有你該多好 就不會知道這種心情 やらなくちゃいけないことが 手つかずのまま積もってく 一堆不得不做的事情 堆在手頭越積越多 僕じゃなくてもいいのなら こっちを見て笑わないでよ 如果不是我也可以的話 就別看着我這邊笑啊 大袈裟じゃなくてそれだけで 甚至那些不重要的事情 君のこと 間違いなく 對你 毫無疑問 苦しいほど 好きになっちゃうよ 刻骨銘心地 變得喜歡上了啊 忘れられないから 君じゃなかったら 因爲無法忘記 如果不是你的話 君に出会わなきゃ 僕じゃなかったら 要是沒遇到過你 如果不是我的話 君さえいなけりゃよかった 如果你從未出現過該多好. stores. 白服さんが、俺の知らない人と連れ立って歩いていた。 「とみたんの言う通り、僕ってひとの気持ちに疎いみたい」 ちがうよ、そんなことない。

次の

# 君さえいなけりゃ

君 さえ い なけりゃ よかった

ブブ、と震えた携帯の画面にはのっくんからのメッセージが見えた。 「いや、……別に」 そんな曖昧な返事に、頭に血がのぼるのを感じた。 ゲームでもしてるのかなって思っていたけれど、どうやら誰かとメッセージのやり取りをしているようだった。 とみたん、って泣きついてくればいい。 「……上手くいくわけない。

次の

コバソロ 「君さえいなけりゃ」 가사 번역

君 さえ い なけりゃ よかった

「……ゆめ、」 ドクドクと高鳴ったままの鼓動と、背中を流れる嫌な汗。 俺はそれに喜べばいいのか、悲しめばいいのか分からない。 俺を見上げるその瞳を、暖かい体温を、背中に感じる手のひらを、俺のものだと言えるなら、何があってもこの先ずっと生きていける気がした。 ねぇ、白服さん。 でも、白服さんに出会わなかった俺なんて、本当の俺じゃないね。

次の

箔埴さえいなけりゃ邪兆梧簡⇧敢画蟹議仍仍_為業岑祇

君 さえ い なけりゃ よかった

薄暗いタクシーの中で明るい光が目に痛い。 「…なにしてんの」 頭上から聞こえた声は二番くんだった。 一緒にいてもあんまり喋らなかったって、甘えたなあんたに料理も掃除もさせられたって、そんなのに付き合えるの俺しかいないでしょう? 分かってよ。 stores. 「とみたん、ちょっと言い過ぎなんと違う?」 悪いことは悪いと伝えてもらえる環境に今は感謝はできなさそうだ。 ごめんね、と言った白服さんは、俺の知らない顔をして去っていった。

次の

【聽譯】君さえいなけりゃよかった

君 さえ い なけりゃ よかった

「……もしそうだったとしても、もう僕、その人以外好きになれないなぁ」 鋭利な刃のように心にずしんと突き刺さる。 「失恋した相手に慰めてもらうなんておかしいでしょ」 あぁ、やっぱり俺は馬鹿だなぁ、と、色んな感情が押し寄せてきて、まともに白服さんの顔を見られなかった。 youtube. ごめんね。 のっくんと二番くんはアドバイスくれたし…」 「えっと、アドバイスって……?」 きょとんとした顔で、白服さんは俺を見上げてなんでもないように言った。 だって心の中は大荒れで、俺はどうしたら白服さんが誰かのものになってしまうのを阻止できるのか、そればかりを考えている。 俺もお邪魔することに決めて靴を脱いで後を追う。 分かってても、そんなことせずに泣いてくれればいいと思う。

次の

【聽譯】君さえいなけりゃよかった

君 さえ い なけりゃ よかった

期待せずにノックしたドアは、思ったよりも簡単に開いた。 だけどやっぱり馬鹿な頭では良い考えなんて一つも浮かばなくて、結局白服さんを傷付ける言葉を投げつけるしかできなかった。 ま、いいんじゃない」 「そう?」 のっくんがこちらを向く。 春茶 作詞:コバソロ 作曲:コバソロ 降り出した雨の中で 君に出會った時から 君がいないということが 當たり前じゃなくなった ああ こんなはずじゃない ずっと自分勝手にさ 過ごせたはずなのに まるで僕じゃないような僕が さらけ出されてくよ 君さえいなけりゃよかった こんな気持ちは知らないから やらなくちゃいけないことが 手つかずのまま積もってく 僕じゃなくてもいいのなら こっちを見て笑わないでよ 大袈裟じゃなくてそれだけで 忘れられなくなるの 君の適當な話も全部心に刺さります 気にしなけりゃいいのにな 殘らずかき集めちゃうの ああ こんなはずじゃない こんなはずじゃない 君に出會わなきゃよかった こんなに寂しくなるのなら 君じゃなくてもいいことが もう見つからないの もっと沢山の歌詞は 忘れられないから 君じゃなかったら いっそ見損なってしまうような そんなひとだったらなあ でもそれでも どうせ無理そう 嫌いになれないや 僕がいなくてもいいなら いっそ不幸になってしまえ 最後にまた僕の元に 泣きついてくればいい 君さえいなけりゃよかった こんな気持ちは知らないから やらなくちゃいけないことが 手つかずのまま積もってく 僕じゃなくてもいいのなら こっちを見て笑わないでよ 大袈裟じゃなくてそれだけで 君のこと 間違いなく 苦しいほど 好きになっちゃうよ 忘れられないから 君じゃなかったら 君に出會わなきゃ 僕じゃなかったら 君さえいなけりゃよかった その他 トラックス 1. 本当は全部全部知りたくて、でも知りたいなんて到底言えるはずなかった。 今まではあまり仕事以外で出かけるタイプではなかったのに。 夜中に隣家のドアの開閉音を聞くようになった。 これまでの人生ほとんどあんたで出来てるんだって胸を張れるぐらい、俺は白服さんだけを見てきたんだよ。

次の

【聽譯】君さえいなけりゃよかった

君 さえ い なけりゃ よかった

「友達少ないて自分で言うとったけど、そんなこともなかったみたいやな?」 「…ふぅん。 ぱっと電気が点いて、今まで見えていなかった白服さんが見えるようになった。 俺の恋のために、一生ひとりでいてくれとさえ。 とみたん来てくれたから」 拗ねたような口振りで、白服さんは俯いた。 そう言いたいけれど、俺は別のことに囚われて上手く話せなかった。 こんなの俺じゃない。 「お願い、………僕のこと、好きだって言ってよ」 あんたさえいなけりゃよかった。

次の

【聽譯】君さえいなけりゃよかった

君 さえ い なけりゃ よかった

「白服さんが、俺のこと置いてっちゃうから……俺が居なくても平気って顔で、違う人と一緒にどっか行っちゃって……」 白服さんは何も言わなかった。 幸せになる、選択をしようとしているなら、きっと反対するようなメンバーはうちのグループにはいないだろう。 「……あんたさえいなけりゃ、俺は俺でいられたのに」 呟いた声はもう届かない。 傷付けてごめんって、酷いこと言ってごめんねって。 長年の片思い、いつからかなんて思い出すのも億劫なほどで、叶うはずもなく、けれど同じ夢を目指す仲間として側にいられるならそれでいいと思っていたはずだったのだ。 今すぐ抱きしめてしまいたかった。

次の