エクセル 行 ごと に 色。 一行ごとに表に色を設定する:Excel 一般|即効テクニック|Excel VBAを学ぶならmoug

エクセルで、条件付き書式を使って条件に一致する行全体に色を付ける方法

エクセル 行 ごと に 色

… Excelを開いて複数部印刷しようとしても、指定部数が印刷されない不具合への対処法です。 なお、MOD関数は指定の数値を、ある数値で割った際の余りを出力させる関数であり、ROW関数は選択セルの行数名を出力する関数です。 一括して行単位で条件付き書式を設定してみましょう。 Excel 2016で行単位で塗りつぶす 条件付き書式 :エクセルの使い方• 【Excel】エクセルでn行ごとに色を変える方法 エクセルを使用するとさまざまなデータ処理を効率よくできますよね。 入力する条件式は次のようになります。

次の

Excelで指定行おきに色をつける : mtg.webzen.co.kr

エクセル 行 ごと に 色

[書式]ボタンをクリックして、塗りつぶしの色を設定しました。 51,945 views• 条件付き書式を使って、横方向に色を付ける方法です。 その表示されたダイアログ上部にある 「塗りつぶし」タブをクリックして 選んでください。 この条件付き書式の設定により、A列にデータが入力された時点で、罫線が表示されるようになります。 行を塗りつぶすときは列を固定し、列を塗りつぶすときは行を固定します。

次の

Excel 2016で行単位で塗りつぶす(条件付き書式):エクセルの使い方

エクセル 行 ごと に 色

今回は3行ごとに色をつけていくことを考えていきます。 「数式を使用して、書式設定するセルを決定」をクリックして選ぶ メニューから「新しいルール」を選んだら 「新しい書式ルール」ダイアログが表示 されます。 1.色を付けたいセルを選択します。 条件付き書式 [ホーム] タブの「条件付き書式」から「新しいルール」へとすすみます。 また、くどいようですが、ここに表示される色は、その文書に設定してあるによって違うので、必ずしもこの図と一緒の色ではありません。 「ホーム」タブをクリックして選ぶ• 1行おきにセルの色を変えることで表を見やすくしたいといったときの方法です。 まず、色付けする対象セル範囲を選択します。

次の

条件付き書式を使って、2行おきにセルの色を変える

エクセル 行 ごと に 色

該当する生徒の名前が目立たないので、わかりにくい印象です。 「塗りつぶし」タブをクリックして選ぶ 「書式」ボタンを選んだら 「セルの書式設定」ダイアログが 表示されます。 この方法だと、いちいち罫線を設定する手間が発生しますし、見栄えもあまり良くないですね。 [OK]ボタンをクリックします。 「条件付き書式」以外にも色をつける事は出来ますが、今回は 「条件付き書式」を使って色分けする方法を掲載します。

次の

【Excel】エクセルでn行ごとに色を変える方法

エクセル 行 ごと に 色

【全バージョン共通】• [OK]ボタンをクリックします。 数式を編集したり、「書式」からセルの色を変えたり、やっぱり文字に色を付けるよう変更したりすることも出来ます。 メニューから「新しいルール」をクリックして選ぶ• Webサイト管理等にまつわるネタ、サイトの更新情報等を発信中。 これまでは、行について説明しましたが、列についても同様に設定することができます。 この数式は、地味に手入力となります。 数式はこうなる! というわけで、奇数かどうかを判定するの数式に、 そのセル自体が何行目にあるのかを割り出すを組み込むと、 このような表現になります。 「新しい書式ルール」ダイアログボックスの「OK」ボタンをクリックして終了! 「OK」ボタンを選んだら「新しい 書式ルール」ダイアログの 「OK」ボタンを クリックして選んでください。

次の

条件付き書式を使って、2行おきにセルの色を変える

エクセル 行 ごと に 色

ただ、エクセルもいまでは多くの機能がついているために、初心者では逆に対応方法がわからないことがあるでしょう。 セルの色を設定したいので、[塗りつぶし]タブの色の一覧から好みの色をクリックで選択します。 [OK]ボタンをクリックします。 指定した範囲の行が1行おきに色がつきました。 テーブルの便利な点は、標準で用意されているさまざまな書式の中から好みのテーブルスタイルを選択できることです。 つまり、今回では1行ごとにセルの色を変えることができるというわけです。 その中で好きなデザインを選んだら自動的に設定されます。

次の

Excelで条件に一致する行だけ色を変える方法

エクセル 行 ごと に 色

まとめ• このテクニックは、ここで紹介したような「進捗を管理するワークシート」などで活用すると良いでしょう。 指定した行数おきに書式が設定されます。 45,212 views• 1行おきの塗りつぶすセル範囲をドラッグして選ぶ• 条件付き書式を使って設定する• MOD関数を利用して、ROW関数で求めた行番号を2で除算した余りを求める数式を入力します。 元のデータリスト• 色を選択し終わったら、ダイアログボックス右下の[OK]ボタンをクリックすると、 最初のダイアログボックスに戻ってきます。 行を色分けする効果 データの読み間違い防止 行の色分けが最も効果を発揮するのは、「列項目が多い資料」です。

次の