トラ と ウサギ の 茶飯事。 トラとウサギの茶飯事 (@sakai_torausa)

トラとウサギの茶飯事 (@sakai_torausa)

トラ と ウサギ の 茶飯事

とにかくこのお店のオニギリを買いにゆくことを、おススメします。 この川の流れの中流域にあるのが高岡郡四万十町です。 ブラボー!! こんなにたくさんのお米、何を買えばいいか迷っちゃいますよね~ もう目移りして、行ったり来たり状態 笑 子供は椅子に座って絵本を読んだり、あたふたしているママを見たり 笑 ママが悩んでいる間、待っていてくれます。 くり返し刈り草やたい肥などの有機物を使い、良質な土壌を作り上げてきました。 それは、お店に置いてある「高知家」の木札です。

次の

お米屋さん・トラとウサギの茶飯事

トラ と ウサギ の 茶飯事

お米屋さんですので、店内ですぐに精米してもらうことができます。 大阪に移住する決意をされた時は寂しくもありましたが、二人が新しく立ち上げるお店が成功することを陰ながら応援していました。 私は、大感動しました(笑) もちろん精米の具合も自由に指定できますよ トラとウサギの茶飯事さんがおススメの美味しいお米 「おススメのお米を教えてください。 ほぼ中央を流れる千曲川、その河川を辿るとそこには、芳醇な大地が広がり、さらに上流では名水の誉れ、清い湧き水と豊かな森が広がっています。 ご夫婦でお店をされています。 標高たかく、日本でも有数な豪雪地帯。 また、収穫されたお米の取り扱いについては、一般的には火力乾燥で水分調整を施しますが、味の低下が少ないと言われる常温定湿乾燥(乾いた冷風で乾燥)を用いながら、より自然に近い方法でお米のおいしさを保つ細心の注意を払っております。

次の

トラとウサギの茶飯事 (@sakai_torausa)

トラ と ウサギ の 茶飯事

冷凍のカツオのたたきが良く売れているそうですが 本場直送のだとやっぱり藁焼きの風味が生きていて 美味しいんでしょうね! もしタイミングが合うなら是非とも13日にいってみましょう! 商品の品ぞろえや値段、通販は? お米は 玄米の状態で常時20種類ほど用意されています。 また、たとえば同じ新潟魚沼産コシヒカリでも、とれた地区によって大きな違いが出ます。 出生時体重のお米をプレゼントすることもできます! ご両親へのプレゼントにおすすめですね。 お米ならみんなで食べられるので、もらう側も嬉しいですよね!! トラウサはお米屋さんだけではありません。 今年は扱い無理ですわ」となるそうです。

次の

お米屋さん『トラとウサギの茶飯事』店主・城直子さんインタビュー

トラ と ウサギ の 茶飯事

私は全く知りませんでしたが、お米を見れば「コシヒカリ」なのか「ヒノヒカリ」「ひとめぼれ」なのかはわかるそうです。 久しぶりの外食は、なかもず 一房(いちぼ)さんへ。 店主さんも爽やか。 これがお店の名前の由来です。 噛むほどに旨みが広がり、香り豊かなお米です。

次の

『お米屋さん手作りのおむすび』by とんリン : トラとウサギの茶飯事 (トラトウサギノチャメシゴト)

トラ と ウサギ の 茶飯事

そうですね。 」 2人ともお米大好きなだけでなく、お米マイスターの資格も持っていて 選び抜かれたお米の味にも定評があります。 かつては農産物検査員として米の検査や等級判定をしていたまさに米のスペシャリスト!そんな城さんが、「日常で当たり前のお米の素晴らしさをもっと知ってほしい!」とお店を開いたのは3年前。 最寄は JR阪和線の百舌鳥駅で仁徳天皇陵の近くですね。 体にも環境にも配慮したお米『大野見米』。

次の

『お米屋さん手作りのおむすび』by とんリン : トラとウサギの茶飯事 (トラトウサギノチャメシゴト)

トラ と ウサギ の 茶飯事

素敵な心遣いですね。 ぜひとも、一度は味わっていただきたい逸品です。 生産から出荷までの厳しい基準。 お店の場所や値段、購入方法や取り扱っている商品、 店主夫妻についても調べてまとめてみました。 高地では農産物検査官をしていたご主人の目利きは確か 農産物検査員というのは、お米の等級を決めたり、ブランドに偽りが ないかを判定する人で見るだけでお米の 品種は元より、育ちの良し悪しも わかってしまうので、契約農家さんでもお米の出来によっては売らないそう こんな人から買うのなら美味しくないわけがないですよね! 店名の由来と店主夫妻のプロフィール 少し変わった店名の由来はご主人が卯年、奥さんが寅年生まれだから 奥さんの直子さんは高知県のお米屋さんの娘でした。

次の