関電 記者 会見。 関電疑獄(2)~不正疑惑を一層深めた矛盾の記者会見:【公式】データ・マックス NETIB

関電第三者委、午後2時から記者会見 金品受領経緯3つのポイント :日本経済新聞

関電 記者 会見

機嫌を損ね、事業に反対されるとその地域全体が反対に動くリスクがある。 私は、父が中国電力の社員だったこともあり、コンプライアンスの啓蒙活動の中で、電力会社のコンプライアンスには、思い入れを持って、深く関わってきた。 一方で森山氏が手数料をもらった建設会社は、多額の原発関連の工事を請け負っていた。 問題は、原発関連の発注によって、森山氏に関連する業者に過大な利益が上がるようにするという方法がとられていた場合だ。 1 森山氏から、関電幹部にわたった3億円以上の金品の原資として、原発関連工事を請け負う「吉田開発」から森山氏へ支払われた手数料3億円が用いられた疑いがある。 今回の問題について、犯罪が成立する可能性があるとすれば、関電の役員らが、森山氏から金品を受領した行為が会社役員の収賄罪(会社法967条)に当たりうることは、でも述べた。

次の

関電、引責辞任の元相談役に社用車など提供「必要に応じた措置」(産経新聞)

関電 記者 会見

岩根氏 関西電力の信頼が少しでも上がるよう、私が先頭に立ち、原因究明、再発防止をしっかりやって経営責任を果たしていきたい。 9 調査委員会の委員は、金品受領の事実や調査報告書の内容について、取締役会およびコンプライアンス委員会等への報告の要否、事実の公表の要否について、どのような意見だったのか。 あるいは、お金を貰うようなことがあったときに、それを防ぐための手段をしっかりとつくっているかどうか。 森田)貰ったら収賄、送れば贈賄。 ただ手越にとっては数多ある番組ロケ地の一つでしかなく、自分がロケで立ち寄ったことも思い出せなかったのでしょう」(前出・芸能ライター) その放送で手越の引いたおみくじが、現在の姿を暗示しているという。 八木氏は関西経済連合会の副会長を、岩根氏は電気事業連合会の会長を9日付で辞任した。

次の

会社役員収賄罪としての“犯罪性”に迫れるか ~ 関電記者会見ポイント

関電 記者 会見

近畿・北陸• そのような環境の激変に伴って、電力各社は、事業活動の透明性を、以前とは比較にならない程強く求められるに至ったのである。 5 架空送電工事及び地中送電工事に関する公取委の排除措置命令等に伴う「申し入れ」を受けた際、原発関連工事に対してどのような措置がとられたのか。 岩根社長は、前の記者会見で、「社内ルールに基づいて適切な対応をしている」と述べたが、果たして、そう言えるのか、手続きが形式的に整っていても、実質的には独禁法違反を助長する「不正」があったのではないか、本日の記者会見で問い質すべき重要なポイントである。 不適切だが違法という判断をしていないので、公表しなかった。 今回の問題について、犯罪が成立する可能性があるとすれば、関電の役員らが、森山氏から金品を受領した行為が会社役員の収賄罪(会社法967条)に当たりうることは、でも述べた。 しかしこの民間役員の場合には、違法な行為をする代わりにお金を貰うという、非常に限定的なときにしか刑罰が適用されないという問題があります。 この点については、森山氏が、関電側から、上記 1 ~ 3 のとおり、複数の企業への発注や子会社の顧問料支払等で森山氏側が利益を得ていたことについて、「不正」といえるものがあったか否かが問題となる。

次の

関電金品受領問題、記者会見のポイント~「会社役員収賄罪」としての“犯罪性”に迫れるか(郷原信郎)

関電 記者 会見

もっとも、「贈賄側」の森山氏が、今年3月に死亡しており、対向犯である贈収賄について、贈賄側の供述なしに立件することは困難なので、実際上は、この犯罪で刑事立件される可能性は低い。 問題の本質は、「不透明性」と「環境変化への不適応」にある。 そして、その状況が、さらに激変したのが東日本大震災、福島原発事故の発生であった。 工事や業務発注で過大な利益を与えることは許されないはずであり、もし、発注によって、森山氏の関連企業に過大な利益が上がるような措置をとっていたとすれば、発注の「不正」があったことになる。 3 森山氏は、関電の全額出資子会社「関電プラント」(社長は関電出身者、八木会長が監査役を務めた)と30年以上にわたって非常勤顧問の契約をし、報酬を受領していた。 その際、取締役会、コンプライアンス委員会等への報告・了解が不要と判断したのは、どのような理由によるものか。

次の

関電幹部会見の主なやりとり:時事ドットコム

関電 記者 会見

午後には再び記者会見を開き、社内の調査委員会がまとめた報告書の内容を原則すべて公表し、新たな調査委員会の設置も表明する予定。 その点について社内調査で確認しているか。 そこで最初の年の賄賂について考察する。 この建設会社から貰っていたのかどうか。 その点に関して、「刑事事件に発展する可能性のある重大な事実を隠蔽した」というコンプライアンス上の問題についても、徹底して事実を解明し責任追及を行う必要がある。 「犯罪性」についての検討 そこで、これらの事実を踏まえ、まず、「犯罪性」について考えてみる。

次の

関電、業務改善計画を提出 退職者含む82人を追加処分:朝日新聞デジタル

関電 記者 会見

調査委員会事務局と報道陣の質疑でのことだった。 《財産上の利益の収受について》 1 「返却の機会をうかがいながら」というが、どのような「機会」であれば返還可能と考えていたのか、税務調査が入る前に、実際に返還した者はいるのか。 原発事業の運営への協力・貢献に対して対価を支払うのであれば、発注とは別個の「支払」として経理処理されなければならない。 工事に関する概算額などを事前に伝えることもあったとした。 野村)公務員の場合には、便宜を図る見返りとしてお金を貰うと、それ自体が犯罪になる可能性があります。

次の

【主張】関電の釈明会見 不信感がさらに強まった

関電 記者 会見

会見によると、自分がやりたいことを手伝ってくれる人たちとの打ち合わせが多いとのことで、協力者の多さはまさにおみくじの予言通りです。 最後に岡田達志・常務執行役員ら調査委員会事務局が会見場に残り、質疑に40分間応じた。 そういう私にとって、東電の福島原発事故の発生と、それに関する東電の対応の杜撰さは、衝撃であった。 その手段となったのが、前記 1 ~ 3 の顧問料や工事発注だと考えられるが、顧問料の支払は、森山氏側が当該企業に貢献していた事実があるのであれば、その金額が不相応なものでない限り「不正」とは言い難い。 こうした行為は、「発注プロセスの適切性や透明性をゆがめる行為で、関電の利益を損なわせる恐れをはらんでいる」と関電の対応を批判した。

次の