シンガポール 航空 スイート。 シンガポール航空 新型A380の新スイートクラス就航路線とマイルでのおすすめフライトを徹底解説!(成田/関空にも期間限定投入)

シンガポール航空 スイートクラスを楽しむ

シンガポール 航空 スイート

座席シートには、 電源やUSBの差し込み口が用意されています。 見ての通り、Saverタイプのほうが圧倒的に必要マイル数が少なく、基本的にはSaverタイプを狙う人が多いので、Saverタイプはキャンセル待ちになっていることが多いです。 そして、正確な日程はまだシンガポール航空からは公表されていないのですが、すでに シートマップ上では新型のA380が導入されている日程があるんです。 このシンガポール航空ですが、他の航空会社とは異なりスイートという最上位の座席クラスがあります。 アメックスでは現在、紹介プログラムによって獲得できる特典が高騰中です。

次の

970億円投入! シンガポール航空のA380、豪華スイートなどを刷新

シンガポール 航空 スイート

ワインリスト 復路での機内食に、お肉料理を頼んでいたので、ワインを飲むことにします。 <スケジュール概要>• 最小40500マイルから世界最高峰のスイートを体験できる• 予約を頼んだAMEXの方に、ファーストクラスの上にスイートクラスがあるがファーストでいいか聞かれたので、往復ファーストクラスかと思い成田からA380に乗りビックリ! 個室のスイートクラスでした。 長さで言えば、乗り継ぎ便ですがダントツ、ニューヨークへのフライトが23時間と長いです。 素人ながらに偉そうに飲んだ感想を言うと、ちょっとタンニンの量を多く感じました。 座席につくとCAさんよりご挨拶や設備のご説明をしてくださいました。

次の

970億円投入! シンガポール航空のA380、豪華スイートなどを刷新

シンガポール 航空 スイート

三井住友カードの場合はマイル還元率は最大0. まだ1杯目のドンペリを飲みきってない状態なのに、スタッフさんが 次のシャンパンを持ってきました。 まとめ:世界最高座席のスイートクラス 片道60万円またはシンガポール航空12万マイルで搭乗することができるシンガポール航空のスイートクラスですが、今回はAMEXポイントをシンガポール航空のマイルに交換して乗りました。 あとは、格安の航空券で上海までの片道を用意すれば、シンガポール旅行の完成です(上海に寄り道も可能)。 シートの下部スペースには、カバンや荷物を収納するコトもできるので、とっても快適で広々としたフライト時間を楽しめます。 まだシンガポール航空からの正式発表はないので、早くなる可能性や遅くなる可能性もあるとは思いますが、現状で予約を入れる際の参考にしてみてください。

次の

シンガポール航空スイートクラスに乗ってみた(その1:スイート乗客用のプライベート・ルーム)

シンガポール 航空 スイート

食べたかったものが品切れ、なんて事態は考えられません。 新スイートクラスは6席で、旧スイートクラスの半数となります。 今回のフライトではあまり使用しませんでしたが、ディスプレイの横にあるのがヘッドフォンになっていて、バングオルセンという高級ブランドの物で、着用すると飛行機の音などが遮断されて音が本当によく聞こえました。 また、成田路線への導入はいつからなのか、特典航空券は取れるのか、情報を整理しておきます。 機内で23インチって、信じられない大きさです。 たまたまそういうタイミングだったのかもしれませんが…。 他にも香港らしい食事も用意されていて香港気分にもさせて下さいました。

次の

【激熱!】シンガポール航空スイート・ファースト・ビジネスクラス特典航空券がアラスカマイルで発券可能!

シンガポール 航空 スイート

なので、シンガポール航空の新機材のビジネスクラス・ファーストクラス・スイートクラスの特典航空券をとるには、シンガポール航空のマイレージ「クリスフライヤー」にマイルを貯める必要があるということになります。 ロンドンヒースロー路線• こちらに行くと、ポーターサービスや出国手続きへの直通通路などの特典があります。 用意があったのは、こちらの靴下とアイマスク。 個人的には、シンガポール航空のスイートクラスに乗ることは、陸マイラーを始めた当初からの憧れでした。 できればシンガポール発で日中に飛行するフライトなどと最初は思っていたのですが、空席状況は相当厳しく、従来型のA380の便が空いていても新型機材だと空いていないということが頻発しました。 すると 整備や準備が整ったA380が、ゲート近くにてその活躍の時を今か今かと待ち望んで居ました。

次の

シンガポール航空の新スイート(成田⇒シンガポール)搭乗記!!片道60万円でも納得の世界最高座席

シンガポール 航空 スイート

ですので、 とっても真っ直ぐできめ細やかなドンペリを味わいながら、ゴージャスなフライトタイムがスタートされました。 スイートクラス・ファーストクラス:35,000マイル(上海・北京は75,000に変更)• でも購入できるのは特典航空券を予約する時にマイルが足りないときのみで、必要マイル数の半分以下しか購入できません。 スイートクラス:アメニティの様子 アメニティについては、今回利用したのが短距離路線だからか、アメニティポーチの用意はありませんでした。 確実に新型A380のスイートクラスに搭乗するなら、必要マイル数がアップするAdvantage枠というものの利用方法もあります。 ですので、通常はANAマイルでシンガポール航空を予約するコトが可能なのですが、エコノミー以外の上位クラスに関しては制限がかかっています。 ちょっとした小物入れもあります。

次の

【シンガポール航空】まさに空飛ぶホテル!贅沢すぎるスイートクラスの旅

シンガポール 航空 スイート

このマイルでフライトができるのは香港=東南アジアのようです。 空の上ですw。 そしてこのプライベートルームのダイニングはまさに高級レストランそのもので、オーダー式の素晴らしい料理が食べ放題ということです。 行きのフライトよりも軽めのコース料理でしたが、お腹も心も大満足の機内食となりました。 どれも美味しそうなので迷っちゃいました。 シンガポール航空 スイートクラス:香港発シンガポール便の必要マイルとコスト、フライトスケジュール 今回利用した、シンガポール航空のスイートクラスですが、我々はマイルを利用した特典航空券を発券して利用しました。

次の

シンガポール航空スイートクラスのマイル搭乗記!機内食や座席はファーストより超豪華

シンガポール 航空 スイート

ですので、飛行機に乗ったら、何がよいかあらかじめ考えておくと良いと思います(私はその準備がなかったので、かなりドギマギしました・・)。 そこで、新しい路線が就航する度に更新できるよう、まとめた記事を書いてみました。 スイートクラス:12席• スイートクラスの通路はこんな感じす。 すけすけさんのブログを覗いて情報を得ていながら、状況が変わると情報をアップして方法を拡散して他人に教えるなとか都合のいいことを言ってくる人たちがいることに驚きますが、私は陸マイラーを始めてからすけすけさんには感謝しかありません。 また、座席指定までしなくても、 フライト検索でのスイートの残席を見ても新型が旧型かの判断が付きます。

次の