西武 鉄道 運行 状況。 関東の運行情報(JR、私鉄、地下鉄、新幹線)

運行情報サイト更新状況

西武 鉄道 運行 状況

これは、創業者である死後、 西武鉄道グループ(現、西武グループ)と 西武流通グループ(、2000年代に実質解体)の2グループに分かれたため。 - おとぎ線多摩湖ホテル前駅 - ユネスコ村駅間をに転換し、山口線に改称(おとぎ線・おとぎ列車は愛称として残る)。 池袋線・新宿線では、を除く平日のは原則10両編成で運転されるが、土休日の一部の優等列車は8両編成で運転される。 ただし、新2000系の試験車モハ2197・モハ2198との機器更新車6156Fのみ製、6000系の機器更新車6157Fおよび2016年度以降に導入される40000系は製 となっている。 日光線 南栗橋 以北エリア 平常どおり運転しています。 10月1日 - 池袋駅新特急ホーム使用開始。 係員の取り扱いミスや車両・電気設備の故障といった部内原因は23%という結果となった。

次の

関東の運行情報(JR、私鉄、地下鉄、新幹線)

西武 鉄道 運行 状況

- 運賃改定。 保安装置 西武鉄道の路線では西武有楽町線をのぞく全線でを使用している。 地下鉄直通を考慮してある。 1999年(平成11年)- (平成12年)までにかけて新宿線・池袋線の大半の駅で発車メロディの変更を実施した。 - 保有車両数900両突破。

次の

東武線運行情報

西武 鉄道 運行 状況

を採用。 (昭和21年)• ・ 購入した特急券または指定券は、発車時刻を過ぎると無効になり、変更・払いもどしはできませんのでご注意ください。 (昭和62年)• - 池袋線 - 田無町駅(現:)間で複線運転を開始。 特急券の発売駅全駅で端末更新。 (ポイント)での横揺れや騒音を軽減するため、普通分岐器から弾性分岐器への交換を進めている。

次の

西武鉄道

西武 鉄道 運行 状況

10月 - 「西武ライオンズ '87パリーグV2優勝記念乗車券」発売。 現代では、2003年からと観光地や鉄道沿線事業での提携や、共通商品の開発に乗り出して功を奏している。 の開業・相互直通開始に伴い更新され、これまで日本語のみだったのがさらに英語も加えられた。 なお、この株主偽装は上場当初の1957年から存在したと言われている。 4月1日 - 小田急電鉄などと共に関東私鉄では初めて協議会と提携し、この日より同協議会と連携して資材の共同購入を開始。

次の

近畿の運行情報(JR、私鉄、地下鉄、新幹線)

西武 鉄道 運行 状況

- 池袋線田無町駅(現:ひばりヶ丘駅) - 間複線運転開始。 従来車との混用を考慮しない、を可能とした真の意味での高性能車が導入されたのは、開業を控えた、実に1960年代終盤(昭和40年代中盤)のことであった。 (昭和59年)• 当時都内の糞尿処理は、トラックで湾岸へ運び船でへ捨てていたが、人手不足と統制により、処理が追いつかなくなっていた。 大手企業も多いが西武不動産や埼玉西武ライオンズなど西武グループの会社の貸切広告もあった。 2月10日 - 休止中の安比奈線に整備する予定だった車両基地の計画の廃止を発表。 (昭和55年)• - 変電所集中制御システム更新。 - 抵抗制御・発電ブレーキ(101系からの流用)で製造したのち、素子VVVFインバータ制御に改造。

次の

西武池袋線 人身事故に関するリアルタイム情報|ナウティス

西武 鉄道 運行 状況

これに対し西武が拒否したため、2013年4月下旬を期限とする敵対的へ発展した。 2000年頃から架線柱のビームを丈夫で寿命が長いパイプ式への交換が進んでいる。 5月12日 - 使用開始。 8km () 廃止路線• 最低普通運賃90円。 この糞尿輸送列車は、 「汚穢電車」 「黄金電車」「黄金列車」などと呼ばれた。 その後、と2005年にそれぞれ当時最新のLED式に更新され、主要駅ではからフルカラーの表示に更新。 狭山線では臨時ダイヤ時のみ運行。

次の