ライオン カレー 阿蘇。 【阿蘇内牧カレー屋Bath】カレー専門店でランチしてきた!│熊本ポータル!くまライク

[阿蘇内牧 カレー屋 Bath

ライオン カレー 阿蘇

建物への地震の被害はさほどなく、4月末にはお店を再開しました。 本場ドイツの食肉コンテストsuffaで 金賞受賞したベーコンがビッグにのっています。 動物たちとふれあいから、いろんな牧場体験をお楽しみください。 4ヶ月たった今、だんだんとお客さんもきてくれるようになり、なんとか営業しています。 しかし、それをただ待つのではなく、当たり前にあったものをまた元に戻し、地震前よりも魅力的な商店街にしていくことに取り組んでいくことがなにより大事だと考えています。

次の

阿蘇市の新型コロナウイルス感染防止対策 テイクアウト情報

ライオン カレー 阿蘇

阿蘇に移転後初訪問。 阿蘇とり宮 杉本 真也さん 阿蘇神社の門前町商店街にある老舗肉屋。 16日未明に起こった大きな揺れによって、食器などが散乱し、冷蔵庫は壊れるなど店内はぐちゃぐちゃに。 おいしいカレーで暑気払いしましょう!. まもなく熊本市内に2号店もオープンします!」 大自然の中でいろんな動物たちにふれあうことができる モーモーファーム竹原牧場 竹原由香さん 雄大な阿蘇の山々が一望できる自然豊かな竹原牧場。 梅くら 店主 梅木 孝蔵さん 道の駅阿蘇の近くの田園風景に囲まれた和食料理屋、梅くら。 攻めてますね🔥 いつも全力投球。 これからの季節を、奥阿蘇の味でおもてなし。

次の

ライオンカレー(Lion Curry )へ。熊本県阿蘇市移転後訪問

ライオン カレー 阿蘇

そんな状況の中営業を再開しましたが、メインである観光客は激減。 」 1年中特産の波野そばを味わえます 道の駅波野「神楽苑」 大分県と熊本県の県境近くに位置する道の駅波野「神楽苑」。 そして、何よりも観光客が激減したことが痛手だったとのこと。 看板メニューのひとつであるピザには希少な小麦粉を使用していて、一日5枚程度提供するのがせいぜい。 だから開店時間も15:00までと短い。 阿蘇に移転後のメニュー表 お店の駐車場は、目の前に12台ぐらい停めれそう。

次の

[阿蘇内牧 カレー屋 Bath

ライオン カレー 阿蘇

キーマカレー。 「この店は、昭和28年の大水害を機に、高森の伝統的な郷土料理を絶やしてはいけないという思いで先代が立ち上げた保存会が発祥。 産庵(志賀食品) 村上 小百合さん 村上さんのお父さん(志賀食品 社長)は、高菜漬を全国に広げた人。 後からくる感じ。 帰るときにきっちりとお見送りまでする礼儀正しいかたで、接客もたいへん良い印象。

次の

香辛喫茶 Lion Curry

ライオン カレー 阿蘇

店主そのもののお店です。 大自然の中で食べるソフトクリームは絶品です!」 父娘でこだわる素材と味 味工房 ナウシカ マスター 西田芦風さん 熊本地震時には災害支援の一大拠点となった「道の駅 あそ望の郷くぎの」の一角にある店舗。 およそ半年がたった10月、徐々に戻りつつあった客足も阿蘇山噴火によってまたまばらに。 よい草を作ることが、健康な牛を育て、美味しいお肉を作り出していきます。 園内で採れた果物を使った、手作りのアップルパイやいちごソフト、各種飲み物も提供しています。 並んでるお客さんが他にもいるからという理由。 ライスのサイズも選べます。

次の

【新顔ランチ万歳!】まだまだ増えてる? カレー天国、再び。《4件紹介》

ライオン カレー 阿蘇

クミンには、食欲増進・消化促進・疲労回復などがあり、コリアンダーには、消化促進・デトックスなどの効果が期待できます。 熊本地震では、仕入れていたあか牛が停電で廃棄になったことが一番悔やまれたそうです。 お客様の笑顔が一番の原動力です。 熊本地震では停電したことによって商品が全滅し、地震から2週間ほどは営業ができない状態が続いたそうです。 いろんな美味しそうなカレーがありましたよ。 もっと魅力溢れるまちへ。

次の

熊本のカレーなる新世界へようこそ

ライオン カレー 阿蘇

」 ひばり工房に併設しているヒバリカフェでは、こだわりのホットドッグを味わえます。 脂肪分が少なく、風味豊かな肉は、阿蘇の広大な草原の中で牧草を食べることで作られていきます。 高森田楽の里 女将 工藤 八重子さん 伝統ある郷土料理、味噌も自慢の「高森田楽」。 観光客も徐々に戻ってきています。 しかしこのままではと、商店街のお店同士で話合い、10日後に一斉にオープンしたそうです。

次の

香辛喫茶 Lion Curry

ライオン カレー 阿蘇

概要 内牧の温泉街通りにある 温泉マークが目印のカレー専門店です。 メニューにいろんな美味しそうなカレーがあったのでまた行ってみよう。 店主はその辺りは明確に意思表示しています。 」 自家牧場の「よい草」で育てられたこだわりのあか牛を堪能。 お水を汲みにきた方からはお礼の手紙やお菓子、ごはんを食べにきてくれるなど、地震を通じて地域の人との繋がりをより深めることができたそうです。 「今後、厳しい状況は続きますが、震災前と変わらず、阿蘇の季節に合わせた食材を使って、いつもの味を保ちながら営業を続けていきたいと思います。

次の